トップへ戻るhome
InterBEE2008 出展リポート

2008-12-05

オタリテック株式会社は 11 月 19 日(水)から 20 日(金)まで幕張メッセにて開催された InterBEE2008 に出展し,世界中から選りすぐったプロオーディオ機器を展示しました。

1.jpg

OTARI『Lightwinder LWB』や LAWOフラッグシップ・コンソール『mc²90』,国内初展示となった新サーフェス『mc²56』,ラジオ向けデジタル・コンソール『crystal』,新取り扱いブランド「AVT」デジタル・テレフォン・ハイブリッドなどの新製品をより現場に近い視点でご紹介をさせていただきました。

4.jpg

XTA Electronics コーナーには『DP226』の後継機となる『DP426』を初展示し,コントロール・ソフトウェア『Audiocore V8.59』を参考出品しました。

Jünger Audio コーナーでは 5.1 サラウンド対応『Level Magic(C8086)』をリリース。『C8000』シリーズ用オーディオ,HD-SDI インターフェイスなどと組み合わせ,デジタル放送用にセットアップが可能です。

6.jpg

今回の InterBEE では『LWB』シリーズに新しいコンセプトをフィーチャーした『LWB-08HD』を参考展示。その名の通り HD 映像を最大 8 回線伝送し,マルチポイントでの映像取り出しを可能。またエンベデット・オーディオやイーサネットの伝送も可能なシステムとなっております。『LWB』の GUI ソフトウェア『Commander』も正式リリース開始。設定データの保存・呼出,接続されている『LWB』の内部温度や光パワーの状態をオンラインでモニター可能にするなど,マトリクスの制御に留まらない操作環境を提供します。

7.jpg

gl2.jpg9.jpg10.jpg

SADiE コーナーでは『LRX2』,『BB2 』どを展示,今年から Prism Media Products 社のブランドとなった SADiE。ハード,ソフトともに今後の展開にご期待ください。

フラッグシップ・コンソールの『mc²90』と今春発表された『mc²』シリーズの中で一番コンパクトなサーフェスを持つ『mc²56』,そして今秋発表されたばかりのラジオ・スタジオ向けデジタル・コンソール『crystal』の 3 台を展示。

11.jpg

『mc²56』はコンソールとしての基本性能は『mc²90』と変わらないパフォーマンスを持ちながら,コンパクトなコンソール・サーフェスを実現。バージョン4ソフトウェアのリリースと相まって大きな注目を集めていました。

riedel.jpg

RIEDEL ブースでは,全国の放送局でご採用いただいているインカム・システム『Artist』シリーズに加え,劇場,ホール設備や小〜中規模サブ・中継車向けに最適な『Performer』シリーズを展示しました。『Performer』シリーズは従来のアナログ接続による 2W システムの置き換えとなるデジタル接続の 2W パーティーライ・ンシステムで,ハイクオリティなデジタル音声により,S/N が良く,ハムノイズから開放された通話品質を実現します。

関連アイテムとして AVT 社製テレフォン・ハイブリッドの販売を開始いたしました。『MAGIC TH2 POTS』はハーフラック・サイズ 2 チャンネル,『MAGIC POTS』は 1U 4 チャンネルのアナログ回線用デジタル・テレフォン・ハイブリッドです。PC や外部リモコンからの制御も可能で,それぞれの回線ごとにエコー・キャンセラー,エクスパンダー,オートゲイン・コントロール機能を持っています。

3.jpg

d&b audiotechnik コーナーではフラッグシップとなるラインアレイ『J-Series』をスタック。カーディオイド・サブウーファーを体験できるように展示。他にも『Q-Series』を ALC タワーにフライング。ポイント・ソースの新製品『E-Series』の『E8』,『E12』,『E15x』もフライングやスタンド立てで展示しました。

皆様のご来訪ありがとうございました!