PRODUCT

GENELEC,Prolight & Sound 2016 にて第2世代 SAM™ システムの新製品を追加

2016-04-05

Prolight & Sound 2016 において,GENELEC は第2世代 SAM™(Smart Active Monitoring)シリーズに 5 種類の新製品を追加しました。GENELEC ブースではこれら新製品が展示されました。

SAM™ の商品開発チームは 1990 年代初頭に活動を開始し,最初の製品は 2006 年にリリースされて音声モニタリングに新たなスタンダードを打ち立てました。当時は「DSP シリーズ」と呼んでいましたが,後に「SAM™ シリーズ」と改称されました。この『8200』および『7200』シリーズを世に送り出した 10 年後も,最新鋭のモニタリング・ソリューションを提供するという理念は GENELEC 社が切り開いた SAM™ という手法に脈々と継承されています。

2014 年に発表された,進化した新世代アルコリズムを多用した SAM™ システム『8320』『8330』『7350』に続く,新製品『8340』『8350』モニターと『7360』『7370』サブウーファーの組み合わせは,アナログとデジタル両方の音声用途向けの,厳しいモニタリング要求に応える極めて柔軟なシステムです。主にスマート・サブウーファーと用いるために 7.1 のデジタル音声ソースへの接続を簡単にする新製品『9301』AES/EBU マルチチャンネル・インターフェイスも用意されました。

「Prolight & Sound は私たちにとってとても重要なショーですが,今回ここで音声モニタリング技術をさらに前進させる 5 種類の新製品をご紹介できて嬉しいです」と GENELEC 社マーケティング&ビジネス・ディレクターの Jani Jalonen。「システムのパフォーマンスや使い易さやルーム・アコースティクスへの一体化をさらに改善することで,プロフェッショナルなユーザーの方々はさらなる自由を獲得し,使う道具を調整するのに時間を費やすのではなく,創造性を音声制作にフォーカスしていただくことができます。訪れてくださる方々にユニークな試聴デモを行ってご意見を頂けることを楽しみにしております」。

GENELEC の新世代 SAM™ システムは浮動小数点 DSP エンジン,リニアな位相特性と洗練された自動キャリブレーションおよびスペクトル調整能力を備え,どんな環境でも部屋により良く一体化され使い易くなっています。ユニバーサル電源によって様々な電源電圧に簡単に接続できますのでモニタリング・ツールをどこにでも持ち運ぶことができます。

GENELEC 設計による高能率 Class D アンプを最新技術のドライバーと組み合わせることで『8340』と『8350』はその前身よりもかなり高い音圧レベルを達成でき,広いダイナミック・レンジを持ち,周波数特性はさらに平坦になり,超低歪です。つまりどんな音量でもクリーンでニュートラルな疲労の少ない音声再生なので一貫性と正確さを持って作業できるということです。新たなスマート・モニターは,極めて低いカットオフ周波数や MDE™(Minimum Diffraction Enclosure)デザイン──高出力レベルでもクリーンなサウンドが得られる振動を排した構造──のような『8000』シリーズの長所をすべて備えます。独創的な DCW™(Directivity Control Waveguide)も音響軸上・軸外のリスニング・ポジションに正確な音声再生を提供します。

GENELEC の新たなスマート・サブウーファーは効果が実証された LSE™(Laminar Spiral Enclosure)テクノロジーを用いて作られており,歯切れの良い正確な低域再生を十分なマージンを持って提供できます。

より高い音圧レベル,より高いアンプ出力とヘッドルームを達成した新製品の『7360』と『7370』は包括的なマルチチャンネル・ベースマネジメント・システムも装備しており,外付け A/D コンバーターを追加する必要のない単一のコスト効率の良いパッケージに 7.1 アナログおよびステレオ・デジタル入力を収めています。あらゆるマルチチャンネル音声ソースと円滑に一体化するために 7.1 デジタル・オーディオ入力とベースマネジメントが施されたサブウーファー出力リンクを提供することで,新製品『9301』AES/EBU マルチチャンネル・インターフェイス・ユニットはスマート・サブウーファーを強力にサポートします。快適性と柔軟性と制約のないコンフィギュレーションの可能性を手に入れれば,クリエイティブな作業に没頭することができるようになります。

GENELEC ラウドスピーカー・マネージャー・ソフトウェア(GLM™ 2.0)は GLM™ システムの一部であり,SAM™ システムとの接続を管理する極めて直感的で強力なモニター制御ネットワーキング・システムです。GLM™ の AutoCal™ テクノロジーがリスニング環境内の弱点を補正することで正確なモニタリングをさらに改善します。単一または複数のリスニング・ポジションでの自動キャリブレーション後,システム内の全コンポーネントは同じレベルかつ同じタイミングで再生するようになり,モニターのレスポンスから音響的なカラーレーションは除去され,優れた一貫性とニュートラルな音場イメージングが得られます。

GLM™ 2.0 ソフトウェアは全 SAM™ システム・オーナーの方々に使い易い Mac と Windows のユーザー・インターフェイスを通じて SAM™ テクノロジーの絶え間ない進化の利点をお届けします。さらに,新たな SAM™ システムは下位互換性を有しますので,モニタリング・システムを簡単に拡張でき,ご購入頂いた以前の GENELEC 製品も活かすことができます。GENELEC の新しい SAM™ システムは今日入手可能な最も進んだ柔軟なモニタリング・ソリューションであり,放送,ポストプロダクション,映画および音楽スタジオ用の音声モニタリングにおけるベンチマークであることを誇りに感じます。

top_arrow.png
PAGE TOP