トップへ戻るhome
文化放送 様,LAWO デジタル・ミキシング・コンソール『mc²66』を導入

2011-06-01

LAWO mc2 66 and GENELEC 1038B

文化放送 様の生放送・多目的スタジオである「スタジオ9」のコントロール・ルームに LAWO 社のデジタル・ミキシング・コンソール『mc²66』が導入されました。

LAWO の『mc²66MKII』コンソールは国内 1 号機となります。
フロア面積約 200 m² のこのスタジオには,メディアプラスホールで行われるフルバンドのライブを生放送したり,公開録音があったり,アナブースから通常番組まで幅広い対応が要求されています。
使いやすい点は卓の中央にある 40 個のキーです。色々な機能をそのキーに割り当てて,ワンタッチで呼び出すことができるからです。
また,フェーダーの基準点から上に通常は 10 dB なのですが,LAWO は上に 15 dB もあり,リハーサルと本番のレベルに差があるときなどは便利だそうです。
メディアプラスホールにステージ・ボックスを置き,マイク・アンプも 24 チャンネルを備え,ホールから MADI ケーブルで卓まで送っています。

LAWO mc2 66 and GENELEC 1038B

最後の 1 枚は月刊『FDI』誌 様より許可を得て転載