トップへ戻るhome
京都放送 KBS 京都様 に LAWO Digital Console mc²66 が導入されました

2007-10-12

2.jpg

KBS 京都 様のラジオ・スタジオの第 1 スタジオと第 2 スタジオの各部屋にドイツ LAWO 社製 mc²66 ミキシング・コンソールを導入いただきました。

1.jpg

この 2 卓のシステム構成はほぼ同じで,オペレーションはスタジオ,制御部本体の HD コアはマスター室に配置し,ネットワーク上で 2 つのスタジオが協調運用できるように設計されています。

5.jpg

これらは同局のコンセプトとなっている「クリエーティブ&ライブ」を踏襲しており,これを実現させるために採用されたのが 24+8 フェーダーの LAWO mc²66 ミキシング・コンソールで,AM ラジオ局では珍しいネットワーク型 ON AIR スタジオ構成となっています。

4.jpg

両スタジオともシステムは,アナログはマイク系にこだわり,48 kHz 24 ビットのフルデジタル化としており,送出を含むシステムディレイは 4 ms 以内を目指しています。

生放送用として開発され,フル機能を持ちながら,コンパクト設計が特徴の LAWO mc²66 ミキシング・コンソールを中心に両スタジオはお互いの音声信号を共有したり,大きい番組ではリンクしての同時運用も可能にしています。

3.jpg
※画像は FDI 様提供

LOGO

株式会社 京都放送 呼称:KBS 京都(Kyoto Broadcasting System Company Limited)
〒602-8588 京都市上京区烏丸通り一条下ル龍前町600番地の1
Web Site http://www.kbs-kyoto.co.jp