PRODUCT

メキシコ放送局最大手「Televisa」,『EMBRACE™』マイクをテレビ制作に採用

2019-04-02(原文掲載:2019-03-23)

『EMBRACE™』マイクロフォンを耳に隠して装着しているTelevisaの出演者
『EMBRACE™』マイクロフォンを耳に隠して装着しているTelevisaの出演者

大手テレビ・放送局「Televisa」は大人気のテレノベラ(テレビ小説)や音楽コンテストのリアリティの制作に使用するためにPoint Source Audio社の『EMBRACE™ EO-8WL』マイクロフォンを追加しました。メキシコシティに本社を持つ「Televisa」はラテンアメリカでの最大のマスメディア・コングロマリットでありコンテンツ・クリエーターの1つであると考えられています。その番組の大半はヒスパニック系市場向けで,コンテンツの多くは米国でも放映されています。
このマイクロフォン購入はメキシコシティに本拠を置くPoint Source Audioディーラー「Magnum Digital」を通じて行われました。

Televisaへの販売を監督したMagnum Digital社のセールス・マネージャーDavid Camacho氏はPoint Source Audioが顧客に提供したこの新たなソリューションに感銘を受けて次のようにコメントしています:「Televisaさんは「普通の」ラベリアを使っていましたが,出演者に配線を行うのに時間が長くかかるのがつねでした。しかし『EMBRACE™』マイクによって出演者に配線するのがとても速くなりました」。同氏はさらに次のように強調します:「従来のラベリアを使う際には衣装やアクセサリーや胸毛によるノイズの問題がいつも付きまとっていましたが『EMBRACE™』製品はそういった問題すべてを解決してくれました」

2つのパテントを有する『EMBRACE™』マイクロフォンは元々,劇場での使用向けに設計されたものでしたが,テレビ放送等の多数の新たな用途を見出しています。出演者に装着すると衣装やアクセサリー等から余計な雑音を拾うことになりかねない従来のラベリア・マイクと違って,『EMBRACE™』マイクロフォンには特許取得済みの出演者ごとに最適化できる耳の上側からのマイク・マウントがあり,これは口に近く,衣装からは離してマイクを安定させることができます。イヤーマウント式のラベリアは頭の動きとは無関係に口との距離が不変であり,また簡単に隠れます。

直径わずか4 mmの『EMBRACE™』モデル『EO-8WL』は隠し仕込みに最適なようにベージュ,ブラウン,ブラックのいずれかで注文できる無指向性マイクロフォンです。『EO-8WL』はIP 57防塵防水保護等級を誇りますので水や汗やメイクから保護されています。このマイクロフォンにはSennheiserやShure,Lectrosonics,Audio-Technica等の一般的なワイヤレス・システムとの互換性がある交換可能なX-Connectorが同梱され,ウィンドスクリーン,左または右のイヤーマウント,衣装クリップ一式も含まれます。

「私たちはPoint Source Audio製品にはどれもとても満足してきました」とCamacho氏。「素晴らしいサウンドで,私たちのお客様もこの製品を問題解決者として見ています。入手できるプロ用ワイヤレス・システムのほぼすべてとの互換性も大きな利点です」

カスタム・フィットが可能な『EMBRACE™』マイクロフォン
カスタム・フィットが可能な『EMBRACE™』マイクロフォン

【『EO-8WL』紹介ページ】
【Point Source Audio紹介ページ】

Televisa:メキシコの大手メディア・カンパニー「Televisa」は,スペイン語の視聴覚コンテンツ制作のマーケットリーダーです。ケーブルTVおよび衛星を用いたペイTVシステムを運営しています。制作したコンテンツは,国内向けに,オープンTVチャンネルを通じて配信,また50ヶ国以上に向けて,オープンTVチャンネル,26ブランドのペイTVチャンネル,ケーブルTV事業者,およびインターネット・サービスを通じて配信しています。詳しくは:www.televisa.com

top_arrow.png
PAGE TOP