トップへ戻るhome
アイルランドの劇場、Point Source Audio の防水型マイクを採用

2013-01-30
原文の公開(ProsoundWeb):2013-01-18

《雨に唄えば》の主演男優、Point Source Audio の防水型イヤーセット・マイク『CO-5w』を使う

昨年の 11 月、アイルランドで Port Laois Musical Society が上演する《雨に唄えば[Singin’ in the Rain]》の準備をしていた Vinny Osborne 氏には締め切りが迫っていましたが、同氏は特別に、水の浸入を上手くしのぐだけではなく優れた音質も提供できるようなイヤーセット式のマイクが必要でした。

アイルランド・ミュージカル協会(Association of Irish Musical Societies)によって最優秀技術賞(Best Technical Award)に 11 回もノミネート(うち 7 回は受賞)されてきたこの著名アイルランド人サウンド・デザイナーは作業に取りかかり、調査を実施し、厳格なテストを行って、主演男優のために Point Source Audio の防水タイプのマイク『CO-5w』を選びました。

「《雨に唄えば》は大入りで、『CO-5w』イヤーセットは期待どおりでした」と Osborne 氏。「2 時間半のショーのなかに土砂降りが 3 回あったのですよ。」

PWS_rain_web.jpg

防水マイク『CO-5w』は IP57 という優れた保護等級を持ち、ボーカリストや劇場俳優やその他汗やメークに対する備えが必要な演者に最適です。

「このイヤーセット・マイクを似たような状況にいる人や劇場や放送用途に強くお薦めしたいですね」と Osborne 氏ははっきりと言い切ります。

この大御所サウンド・デザイナーはクオリティとは何であるかを知っています:ダブリン近郊に本拠を置く Osborne 氏と同氏の Sound and Music Company は過去 25 年以上にわたって、エリザベス女王や何人もの米国及びアイルランド大統領のような要人が参加するイベントに熟練のエンジニアリングを提供してきています。この他のクライアントとしては、Riverdance the Show、U2、Bryan Adams、Sinead O’Connor、Tiger Woods などが名を連ねます。

Osborne 氏にによると:「このマイクは雨に耐えるだけではなく、装着も実に良く、また音も極めてクリアです。非常にパリッとして生き生きとした音のマイクで、レベルも十分にあります。事実、この入力を扱うために Sennheiser のトランスミッターの感度をかなり下げなくてはならなかったのですよ。」

2012 年の 4 月に Point Source Audio がリリースした『CO-5w』は 125 dB SPL までを扱える同社の非常に人気の高い『CO-5』無指向性イヤーセット・マイクの防水バージョンです。

このショーの苛烈なダンス・ルーティーンのゆえに Osborne 氏selectedはリバーシブルな両耳掛け式のアクセサリーとウィンドスクリーンと衣装固定用クリップが含まれている『CO-5w-KIT』デュアル・イヤーセット・マイクを採用しました。

「Point Source Audio のスタッフも私のタイトな締め切りに間に合うようにいろいろと手伝ってくれて助かりました」と Osborne 氏は付け加えました。