PRODUCT

J-WAVE 様に RIEDEL のインターカム・システムが採用されました

2014-10-20

DSCF0600.jpg

マスター室のラックに実装されたインカム本体です。9 月より運用されておりますが,オペレーターの方々からは,今までのインカムよりとても聞きやすくなったとの反響が寄せられています。


DSCF0595.jpgDSCF0597.jpg

スタジオ A,B,C共通のコントロール・パネル。調整卓の左右に配置されております。デスクトップ・コントロール・パネルは斜めに低く作られておりますので手を置く場所からとても操作感が良いとのことです。


DSCF0603.jpgDSCF0608.jpg

左:マスター監視卓用『RCP-2016』。ラックマウントされたコントロール・パネルです。操作ボタンはラッチ,モーメンタリーとできるので非常に操作がしやすくなっています。右:ラック・ルーム用『DCP-5018』。ラック内の棚置きで運用されております。

top_arrow.png
PAGE TOP