トップへ戻るhome
DB_LOGO

d&b Top | J-Series | Monitors | T-Series | V-Series | Y-Series | xA-Series | xC-Series | xS-Series | Amplifiers | Software
C-Series | Q-Series | E-Series

d&b audiotechnik - C3 Loudspeaker

C-Series Top | C7-TOP | C7-SUB | C4-TOP | C4-SUB | C3 | B2-SUB

C3

生産終了

『C3』は d&b 社の『C4』システム用のホーンロード式ライン・アレー・モジュールです。キャビネット毎に 35 度(900 Hz よりも上)の水平ディスパージョンと 5 度の垂直 HF ディスパージョンを持つ『C3』は,離れたリスニング・ポジションに十分な中高域を提供する整った湾曲ウェーブフロントを生み出す垂直コラムを組むのに使います。『C4』ラウドスピーカーとの完全な互換性があり,同一のキャビネット形状およびリギング用アクセサリーを用いています。『C3』のキャビネットは船舶合板でできており,耐衝撃塗装仕上げで,鋼鉄製のハンドルと MAN CF4 スタッド・プレートのリギング・ポイントが設けてあります。キャビネット前面の上下にはオプションの木製リッドを固定するための金具が取り付けられており,背面にはラチェットストラップ・ガイドプレートとヒンジプレート2個,頑丈なキャスター4個があります。

アンプ

d&b audiotechnik のラウドスピーカー製品は d&b 社のアンプを用いて運用するように設計されています。d&b 社のアンプは駆動パワーのみならず,d&b 社のシステム・アプローチが目指す性能と信頼性と長寿命を実現すべく仕立てられた総合的な制御および保護機能も提供します。『C3』をドライブするには d&b 社の『D12』または『D80』アンプを推奨します。2 ウェイ・アクティブ動作の『C3』は『D12』または『D80』の2つのチャンネルを必要とします。

仕様

コンポーネント2×10" ドライバー,3×1.3" コンプレッション・ドライバー
最大音圧レベル(1 m,free field)
SPL 最大ピーク・テスト信号:クレスト・ファクター 4 のピンクノイズ
D12/D20 使用時:144 dB
D80 使用時:144 dB
パワー・ハンドリング能力,LF(RMS/peak 10 ms)500/2000 W
パワー・ハンドリング能力,HF(RMS/peak 10 ms)150/600 W
周波数特性(-5 dB standard)130 Hz〜16 kHz(キャビネット2台)
周波数特性(-5 dB LFC mode)80 Hz〜16 kHz(キャビネット2台)
定格ディスパージョン角度(水平×垂直)35 度×(5 度)円筒状ウェーブ・セグメント
D12 アンプ毎のキャビネット数2
D20/D80 アンプ毎のキャビネット数4
寸法(H×W×D)580×580×620(キャスターなし)mm
重量71 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。