OTARITEC_LOGODB_LOGO

d&b audiotechnik - E12/E12-D Loudspeaker

Loudspeakers Top
E-Series TopE4E5E6E8E12/E12-DE12X-SUBE15X-SUBB4-SUB

  • E12-1
  • E12-2
  • E12-3
  • E12-4

『E12』と『E12-D』は一体型同軸ドライバーを採用した高性能2ウェイ多用途ラウドスピーカーです。『E12』と『E12-D』はスタンドアローンのフルレンジ・システムとして,あるいは大規模な分散型SRシステムに組み込んで,スピーチや音楽用途に使うことができ,また『E15X-SUB』あるいは『B4-SUB』サブウーファーを1本追加することで高レベルの音楽プログラムを楽に再生することもできます。エンクロージャーは多面形状をしていますので,縦置き・横置きの他,ステージ・モニターとして配置することも可能です。『E12』は80度×50度(水平×垂直)のディスパージョン・パターンを,『E12-D』はより広い110度×50度のパターンを持ちます。両ラウドスピーカーのホーンは簡単に90度回転できますので,50度×80度または50度×110度のディスパージョン・パターンも得られます。『E12』と『E12-D』のキャビネットは耐衝撃塗装仕上げの硬ポリウレタン一体成形で,把手ならびにスピーカー・スタンドを受ける隠しソケットが組み込まれています。このラウドスピーカーのキャビネットには特別色(SC)および耐候(WR)オプションも用意されています。どちらのオプションでも把手のくぼみとスピーカー・スタンドのソケットを覆う金属プレートは指定色に塗装されます。

アンプ

『E12』または『E12-D』をドライブするにはd&b社の『D20』または『30D』アンプを推奨します。スピーカー構成を適切に選択すればd&b社の『D80』『10D』『D6』『D12』の各アンプも使用できます。E12-Xまたは E12-DXコンフィギュレーションを選択した場合は,同じアンプ・チャンネルで『E12』または『E12-D』1台を『E15X-SUB』1台と並列にパッシブ・ドライブすることができます。

仕様・定格

システム・データ
周波数特性(-5 dB,標準モード)50 Hz〜18 kHz
周波数特性(-5 dB,CUTモード)100 Hz〜18 kHz
最大音圧レベル(フリーフィールド内1 m,
クレスト・ファクター4のピンクノイズ使用)
D6/10D使用時:E12=131 dB,E12-D=130 dB
D12/D20/30D使用時:E12=134 dB,E12-D=133 dB
D80使用時:E12=134 dB,E12-D=133 dB
アンプ・チャンネル毎の駆動キャビネット数2
ラウドスピーカー・データ
コンフィギュレーションE12:高性能2ウェイ・コアキシャル・ラウドスピーカー
E12-D:ワイド・ディスパージョン高性能2ウェイ・コアキシャル・ラウドスピーカー
定格インピーダンス
パワー・ハンドリング能力(RMS/peak 10 ms)300/1,600 W
定格ディスパージョン角度(水平×垂直)E12:80度×50度.50度×80度に回転可能
E12-D:110度×50度.50度×110度に回転可能
コンポーネントネオジム・マグネット使用12インチ・ドライバー
3インチ・コイルおよび回転式CDホーン使用1.3インチ・イグジット・コンプレッション・ドライバー
パッシブ・クロスオーバー・ネットワーク
コネクターNLT4 F/M×2,オプションでEP5×2またはNL4×2
寸法および重量
寸法(H×W×D)580×350×334 mm
重量16 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。

Document Download