トップへ戻るhome
DB_LOGO

d&b Top | J-Series | Monitors | T-Series | V-Series | Y-Series | xA-Series | xC-Series | xS-Series | Amplifiers | Software
C-Series | Q-Series | E-Series

d&b audiotechnik - Ti10P Loudspeaker

T-Series/Ti-Series Top | T10 | T-SUB | Ti10L | Ti10P | Ti-SUB | B4-SUB

Ti10P

『Ti10P』ラウドスピーカーはポイントソース・ラウドスピーカーとして用いるための『T10』の常設専用バージョンです。ロード・バージョンと常設専用バージョンとは取付用のハードウェアのみが異なります。『Ti10P』のキャビネットは 6.5" ドライバー2本と 1.4" イグジット HF コンプレッション・ドライバー1本を納めたパッシブ 2 ウェイ・デザインになっており,横置きでも縦置きでも使用できます。この極めてコンパクトなラウドスピーカー・デザインのキーポイントはホーンを備えた回転可能なウェーブガイドと音響レンズの独自の組み合わせです。このホーンは工具を用いたりフロント・グリルを外す必要なしにスピーカーの外から簡単に回転できます(キャビネット側面に縦置き/横置き切替の回転用の開口部あり)。これによって約 600 Hz まで保たれる 90 度の水平ディスパージョンを持つ垂直ライン・ソースとなり,フロント・グリルに組み込まれた音響レンズは横置きでは HF ディスパージョンを 105 度まで広げることができます。本機を縦置きにして使うと,このレンズはライン・ソースのウェーブフロントをカーブさせて 90 度×35 度のディスパージョン・パターンを提供します。双曲配置された2個のネオジム製 6.5" LF ドライバーが低域においても優れたディスパージョン制御を実現します。『Ti10P』のキャビネットはポリウレタン・ハードフォームの一体成形に耐衝撃仕上げが施されており,設置用ハードウェアを取り付けるためのネジ穴が設けてあります。キャビネット前面は音響的な影響のないフォーム材で裏打ちされた頑丈な金属製グリルで保護されており,背面には並列に配線された2個の NL4 コネクターがあります。特別色(SC)および耐候(WR)バージョンもご用意できます。

アンプ

d&b audiotechnik のラウドスピーカー製品は d&b 社のアンプを用いて運用するように設計されています。d&b 社のアンプは駆動パワーのみならず,d&b 社のシステム・アプローチが目指す性能と信頼性と長寿命を実現すべく仕立てられた総合的な制御および保護機能も提供します。『Ti10P』をドライブするには d&b 社の『30D』または『D20』アンプを推奨します。スピーカー構成を適切に選択すれば d&b 社の『10D』『D80』『D6』『D12』の各アンプも使用できます。

仕様

システム・データ
周波数特性(-5 dB standard)68 Hz〜18 kHz
周波数特性(-5 dB CUT mode)120 Hz〜18 kHz
最大音圧レベル(1 m,free field)
SPL 最大ピーク・テスト信号:クレスト・ファクター 4 のピンクノイズ
D6/10D 使用時:127 dB
D12/D20/30D 使用時:130 dB
D80 使用時:130 dB
アンプ・チャンネル毎の駆動キャビネット数4
ラウドスピーカー・データ
コンフィギュレーション常設専用 2 ウェイ・ポイントソース・ラウドスピーカー
定格インピーダンス16Ω
パワー・ハンドリング能力(RMS/peak 10 ms)200 /800 W
定格ディスパージョン角度(水平×垂直)90 度×35 度
コンポーネント2×ネオジム磁石使用 6.5" ドライバー
回転式ウェーブガイド搭載 1.4" イグジット・コンプレッション・ドライバー
パッシブ・クロスオーバー・ネットワーク
コネクター2×NL4
寸法および重量
寸法(H×W×D)197×470×300 mm
重量10.5 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。