客席数1,503席の⼤ホールにd&b audiotechnik社スピーカー・システムが導⼊されました。

オーケストラ・コンサート,演劇,講演会,集会等,多彩な舞台構成に利⽤できる本格的⼤ホールです。


写真提供:鳥取県⽴倉吉未来中⼼ 様

プロセニアム・スピーカーには『Y-Series』の『Y8』×6で3F/2F席と1F奥席をカバー。『Y7P』+『Y10P』で1F席の中央付近から前方をカバーしてます。サブウーファーには『Y-SUB』が使用され,フルレンジ・スピーカーの両サイドに設置されています。

サイドカラムにはプロセニアム同様に『Y-Series』が採用され,縦長に3つの収納に分かてれいます。上段が3F席をカバー。中段が2F席と1F席。下段が1F席前方をカバーします。

固定FBと移動型にも『Y-Series』が採用されており,音の統一感も図られています。

その他には,ステージ・フロント用に『5S』,シーリングの中央位置付近には効果音用として『12S』×4台と『18S-SUB』が採用されました。

また,307席の⼩ホールにもd&b audiotechnikが採⽤され,プロセニアムと移動型には⼤ホール同様に『Y-Series』が採⽤されました。小ホールは映画,舞踊,発表会,展⽰会,レセプション等多⽬的に使用できます。客席は収納可能で平⼟間または半平⼟間としても使⽤が可能です。

倉吉未来中⼼
Web Site:http://www.miraichushin.jp