日本最大級の音楽祭であるセイジ・オザワ 松本フェスティバル(旧称サイトウ・キネン・フェスティバル松本)の会場でもある主ホールにd&b audiotechnik製品が導入されました。

【主ホール】
オープン時は本国ドイツのオペラ劇場でも多数導入実績のある『F-Series』が導入されました。
今回の改修では今までのイメージを損なうことなく,ラインアレイとポイントソースで揃えられる『Y-Series』が採用されました。

プロセニアムLCRへラインアレイの『Y8』×15,『Y-SUB』×4がインストールされ,馬蹄型の広い客席を後部補助やサイドと共にカバーします。

プロセニアムの後部補助LCRはポイントソース『Y10P』×3がインストールされ,昇降天井が上がったときの4F席をフォローします。

サイドは上部と下部の2構成あり,上部が『Y8』『Y-SUB』4/1対向,下部は『Y8』『Y-SUB』6/2対向とインフィルに『Y7P』,ステージフロント仮設用に『5S』×4がインストールされました。

4層のバルコニー席前列をカバーするのに各階層に『Y7P』が1対向がインストールされ,持ち込みシステムで狙えない位置への補助システムとしても運用されています。

効果用スピーカーとしてウォールに『E8』×18,シーリングに『Y7P』×6,『Y-SUB』×1がインストールされています。

主ホールステージ後方には実験劇場となる収納型客席が用意され,移動型システムとして『Y8』×16,『Y-SUB』×4,『Y7P』×4,『E8』×4,『4S』×4,『5S』×8,『M6』×4が採用されました。

主ホールのアンプは『D80』,移動型アンプは『D20』が導入され,すべて『R1』ソフトウェアからリモート・コントロールしています。移動型アンプはフライトケースに収納され,外して舞台上で使うこともできます。

3天吊りマイク用のヘッドアンプ兼アクティブ・スプリッターとしてxta electronics社『DS8000』も採用されました。乗り込みのレコーディング向けにトランスでアイソレートされたラインを送って電位差によるノイズを回避できます。

【小ホール】

演劇が催し物の中⼼となる小ホールには近距離の拡声に有効な同軸の『E-Series』が採用されました。プロセセンターとして『E12』(遠)と『E12D』(近),サイドは上部に『E12』×1対向,下部移動用に『E12』『B6-SUB』1/1対向,後部補助とバルコニー補助にも『E8』がインストールされました。

主ホールの舞台と同じサイズになるオープンスタジオにも移動型システムとして『Y7P』と『Y-SUB』が導入されています。

まつもと市⺠芸術館
〒390-0815
⻑野県松本市深志3丁目10-1
Tel 0263-33-3800
Web Site:https://www.mpac.jp

施工:ヤマハサウンドシステム(株)様
【外部リンク】https://www.yamaha-ss.co.jp/index.html