トップへ戻るhome
DB_LOGO

d&b Top | J-Series | Monitors | T-Series | V-Series | Y-Series | xA-Series | xC-Series | xS-Series | Amplifiers | Software
C-Series | Q-Series | E-Series

d&b audiotechnik - V8/V12 Loudspeaker

V-Series/Vi-Series Top | V7P/V10P | V8/V12 | V-SUB | V-GSUB

V8-1
V8-2
V8-3
V8-4
V8-5
V12-1
V12-3
V12-4
Vi8-1
Vi8-2
Vi12-1

(固定設備専用バージョンはVi8/Vi12です)
『V8』/『V12』は 10" LF ドライバー2本,ホーンロード式 8" MF ドライバー1本,専用ウェーブシェイピング・デバイスにマウントした 2.5" ボイスコイルを持つ 1.4" イグジット HF コンプレッション・ドライバー2本を搭載した 3 ウェイ・パッシブ・デザインのラウドスピーカーです。同軸 MF/HF コンポーネントを中心として対称的に双極配置されたネオジム製 LF ドライバーが,クロスオーバー内で隣接周波数帯域を滑らかにオーバーラップさせます。このため優れた安定した 80 度(V8)または 120 度(V12)の水平指向性制御が 250 Hz まで保たれます。この機械的および音響的デザインによって最大 24 本のラウドスピーカーからなる垂直フライング・アレーを構築可能です。『V8』/『V12』は『V8』/『V12』ラウドスピーカーだけの,あるいは『V12』/『V8』や『V-SUB』と組み合わせたコラムで使用できます。キャビネットは船舶合板製で,耐衝撃・耐候 PCP(ポリユリア・キャビネット・プロテクション)仕上げです。前面は音響的な影響のないフォーム材に裏打ちされた頑丈な金属製グリルで保護されています。各側板にはハンドルが1個組み込まれ(固定設備専用バージョンを除く),さらにキャビネット背底面には埋込式グリップが2個あります。

アンプ

d&b audiotechnik のラウドスピーカー製品は d&b 社のアンプと併用するように設計されています。d&b 社のアンプは駆動パワーのみならず,d&b 社のシステム・アプローチが目指す性能と信頼性と長寿命を実現すべく仕立てられた総合的な制御および保護機能も提供します。『V8』/『V12』をドライブするには d&b 社の『D80』アンプを推奨します。スピーカー構成を適切に選択すれば d&b 社の『D20』『30D』『D12』の各アンプも使用できます。

仕様

システム・データ
周波数特性(-5 dB standard)67 Hz〜18 kHz
周波数特性(-5 dB CUT mode)100 Hz〜18 kHz
最大音圧レベル(1 m,free field)
SPL 最大ピーク・テスト信号:クレスト・ファクター 4 のピンクノイズ
D12/D20/30D 使用時:139 dB
D80 使用時:142 dB
アンプ・チャンネル毎の駆動キャビネット数2
ラウドスピーカー・データ
コンフィギュレーション高性能 3 ウェイ・パッシブ・ラインアレー・ラウドスピーカー
定格インピーダンス
パワー・ハンドリング能力(RMS/peak 10 ms)500/2000 W
定格ディスパージョン角度(水平,≧250 Hz)80 度(V8)または 120 度(V12)
放射角設定0〜14 度(1 度ステップ)
コンポーネント2×10" ドライバー/1×8" ドライバー
2×1.4" イグジット・コンプレッション・ドライバー
パッシブ・クロスオーバー・ネットワーク
コネクター2×NLT4 F/M,オプションで 2×NL4 または 2×EP5
寸法および重量
寸法(H×W×D)310×700×460 mm
重量34 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。