トップへ戻るhome
DB_LOGO

d&b Top | J-Series | Monitors | T-Series | V-Series | Y-Series | xA-Series | xC-Series | xS-Series | Amplifiers | Software
C-Series | Q-Series | E-Series

d&b audiotechnik - 24C Column Loudspeaker

xC-Series Top | 16C | 24C | 24C-E

xC-24C-1.jpg
xC-24C-2.jpg
xC-24C-3.jpg
xC-24C-4.jpg

2 ウェイ・パッシブ・コラム・ラウドスピーカー『24C』は 4" ネオジム・ドライバー6本ならびに 90 度の定格水平ディスパージョンを有する 1.1" ドーム・ツイーター6本から構成される HF アレーを特徴とします。この HF アレーは 20 度の定格垂直ディスパージョン を有しますが,これはオーディエンスのリスニング・エリアを正確に狙うために 0度〜-14 度の範囲内で連続調節が可能です。LM ドライバーが発するビームは下に 5 度傾いており,370 Hz までの優れた指向性を提供します。この 4" ドライバーは前面のウェーブガイド・エレメントとキャビネット背面のダンプされたポートを通して放射するユニークなカーディオイド・セットアップ内に配置されています。このデザインは後方に約 18 dB の広帯域減衰を持つ 90 度の固定水平指向性パターンを生み出します。一般的にカーディオイド・ディスパージョン・パターンはラウドスピーカー後方のエネルギーを最小限に抑え,反射を低減させ,マイクを使うときにフィードバックを起こさずにゲインを高めながらもリスニング・エリア全体でバランスのとれたレベル配分を得ることができます。『24C』のエンクロージャーはアルミ押出材による背面と金属製のバッフルで作られており,キャビネットの前面と側面は金属製グリルで保護されています。キャビネット背面には取付用の連続 T スロット・レールの他に 4 極 Phoenix combicon 端子コネクターが1個あります。『xC-Series』は標準でホワイトとブラックがありますが任意の RAL カラー[欧州のカラー・マッチング規格]にする特別色(SC)オプションも可能です。
『24C』は『24C-E』パッシブ・エクステンションと組み合わせて使用することで制御垂直パターンを 190 Hz まで向上可能です。

アンプ

d&b audiotechnik のラウドスピーカー製品は d&b 社のアンプを用いて運用するように設計されています。d&b 社のアンプは駆動パワーのみならず,d&b 社のシステム・アプローチが目指す性能と信頼性と長寿命を実現すべく仕立てられた総合的な制御および保護機能も提供します。『24C』をドライブするには d&b 社の『10D』『30D』『D6』アンプを推奨します。スピーカー構成を適切に選択すれば d&b 社の『D20』『D80』『D12』アンプも使用できます。

仕様

システム・データ
周波数特性(-5 dB standard)110 Hz〜17 kHz
周波数特性(-5 dB CUT mode)150 Hz〜17 kHz
最大音圧レベル(1 m,free field)
SPL 最大ピーク・テスト信号:クレスト・ファクター 4 のピンクノイズ
126 dB
アンプ・チャンネル毎の駆動キャビネット数2
ラウドスピーカー・データ
コンフィギュレーション常設専用カーディオイド・コラム・ラウドスピーカー
パワー・ハンドリング能力(RMS/peak 10 ms)125/600 W
定格ディスパージョン角度(水平×垂直)90 度×20 度
LM ビームの下方チルト5 度
HF セクションの垂直方向の調整範囲0 度〜-14 度
コンポーネント6×ネオジム磁石使用 4" ドライバー
6×垂直ホーン・アレー内の 1.1" ドーム・ツイーター
パッシブ・クロスオーバー・ネットワーク
コネクター4 極 Phoenix 端子,NL4
寸法および重量
寸法(H×W×D)1000×124.5×124 mm
重量9 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。