OTARITEC_LOGODB_LOGO

d&b audiotechnik - 12S/12S-D Loudspeaker

Loudspeakers Top
xS-Series Top4S5S8S10S/10S-D12S/12S-D24S/24S-D12S-SUB18S-SUB21S-SUB27S-SUB

  • xS-12S-1.jpg
  • xS-12S-2.jpg

バイアキシャルの『12S』/『12S-D』はバスレフ・エンクロージャー内の12インチ・ドライバー1本と個別HFセクションを収容した様々な常設用途に適する高性能2ウェイ・ラウドスピーカーです。『12S』/『12S-D』はネオジム・マグネット使用のドライバーならびにそれぞれ75度×50度および110度×55度という回転可能なディスパージョン特性を有する正確なパターン制御を行うための大型ホーン用いた軽量のパッシブ・デザインとなっています。『12S』/『12S-D』は1.4インチ・イグジット・コンプレッション・ドライバー1本を搭載しています。48 Hz〜18 kHzという下方に伸びた周波数レスポンスを持つ『12S』/『12S-D』はフルレンジ・システムとして使用でき,『xS-Series』のサブウーファーを用いて補強することもできます。エンクロージャーは船舶合板でできており,耐衝撃ブラック・ペイント仕上げで,学校や体育館向けにDIN 18032-3規格に基づいた耐球衝撃仕様となっています。キャビネット前面は音響的に影響のないフォーム材で裏打ちされた頑丈な金属製グリルで保護されています。天板と底板にはM10雌ねじのインサート2本があり,背面にはM8雌ねじのインサート2本,NL4コネクター2個と2極スクリュー・ターミナル・ブロック1個があります。キャビネットとアクセサリーの大半にはRALカラーから任意の色を選べる特別色(SC)オプションも適用できます。耐候(WR)オプションではIP34保護等級(=防沫)となります。

アンプ

『12S』/『12S-D』をドライブするにはd&b社の『30D』アンプを推奨します。スピーカー構成を適切に選択すればd&b社の『D20』『D80』『10D』『D6』『D12』アンプも使用できます。

仕様・定格

システム・データ
周波数特性(-5 dB,標準モード)48 Hz〜18 kHz
周波数特性(-5 dB,CUTモード)100 Hz〜18 kHz
最大音圧レベル(フリーフィールド内1 m,
クレスト・ファクター4のピンクノイズ使用)
D6/10D使用時:130 dB
D12/D20/30D使用時:133 dB
D80使用時:133 dB
アンプ・チャンネル毎の駆動キャビネット数2
ラウドスピーカー・データ
コンフィギュレーション12S:常設専用高性能2ウェイ・ラウドスピーカー
12S-D:常設専用高性能ワイド・ディスパージョン2ウェイ・ラウドスピーカー
定格インピーダンス
パワー・ハンドリング能力(RMS/peak 10 ms)300/1,600 W
定格ディスパージョン角度(水平×垂直)12S:75度×50度,回転可能
12S-D:110度×55度,回転可能
コンポーネントネオジム・マグネット使用12インチ・ドライバー
CDホーン使用1.4インチ・コンプレッション・ドライバー
パッシブ・クロスオーバー・ネットワーク
コネクターNL4×2,スクリュー・ターミナル・ブロック
寸法および重量
寸法(H×W×D)638×338×365 mm
重量17 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。

Document Download