トップへ戻るhome
DB_LOGO

d&b Top | J-Series | Monitors | T-Series | V-Series | Y-Series | xA-Series | xC-Series | xS-Series | Amplifiers | Software
C-Series | Q-Series | E-Series

d&b audiotechnik - 12S Subwoofer

xS-Series Top | 4S | 5S | 8S | 10S/10S-D | 12S/12S-D | 24S/24S-D | 12S-SUB | 18S-SUB | 21S-SUB | 27S-SUB

xS-12S-Sub-1.jpg

『12S-SUB』は『xS-Series』のラウドスピーカーと併用するためのコンパクトな高性能サブウーファーです。バスレフ・デザイン内にネオジム磁石使用の 12" ロング・エクスカーション・ドライバー1本を収容した本機のキャビネットはスタンドアローンで,スタッキングして,あるいは個別にフライングさせて使用できます。エンクロージャーは船舶合板でできており,耐衝撃のブラックまたはホワイト・ペイント仕上げで,学校や体育館向けに DIN 18032-3 規格に基づいた耐球衝撃仕様となっています。キャビネットの前面は音響的に影響のないフォーム材で裏打ちされた頑丈な金属製グリルで保護されています。側板には M10 メスネジのインサート2本が,背面には NL4 コネクター2個と2極スクリュー・ターミナル・ブロック1個があります。キャビネットとアクセサリーの大半には RAL カラーから任意の色を選べる特別色(SC)オプションも適用できます。耐候(WR)オプションでは IP34 保護等級(=防沫)となります。

アンプ

d&b audiotechnik のラウドスピーカー製品は d&b 社のアンプを用いて運用するように設計されています。d&b 社のアンプは駆動パワーのみならず,d&b 社のシステム・アプローチが目指す性能と信頼性と長寿命を実現すべく仕立てられた総合的な制御および保護機能も提供します。『12S-SUB』をドライブするには d&b 社の『30D』アンプを推奨します。スピーカー構成を適切に選択すれば d&b 社の『10D』『D20』『D80』『D6』『D12』アンプも使用できます。

仕様

システム・データ
周波数特性(-5 dB standard)45 Hz〜130 Hz
周波数特性(-5 dB 100 Hz mode)45 Hz〜100 Hz
最大音圧レベル(1 m,free field)
SPL 最大ピーク・テスト信号:クレスト・ファクター 4 のピンクノイズ
D6/10D 使用時:124 dB
D12/D20/30D 使用時:127 dB
D80 使用時:127 dB
アンプ・チャンネル毎の駆動キャビネット数2
ラウドスピーカー・データ
コンフィギュレーション常設専用コンパクト・サブウーファー
定格インピーダンス
パワー・ハンドリング能力(RMS/peak 10 ms)300/1600 W
コンポーネントネオジム磁石使用 12" ドライバー
コネクター2×NL4,スクリュー・ターミナル・ブロック
寸法および重量
寸法(H×W×D)354×530×448 mm
重量16 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。