トップへ戻るhome
DB_LOGO

d&b Top | J-Series | Monitors | T-Series | V-Series | Y-Series | xA-Series | xC-Series | xS-Series | Amplifiers | Software
C-Series | Q-Series | E-Series

d&b audiotechnik - 24S/24S-D Loudspeaker

xS-Series Top | 4S | 5S | 8S | 10S/10S-D | 12S/12S-D | 24S/24S-D | 12S-SUB | 18S-SUB | 21S-SUB | 27S-SUB

xS-24S-1.jpg
xS-24S-2.jpg

『24S』/『24S-D』は2本の 12 インチ・ドライバーを,回転可能な大型 CD ホーンに搭載した 1.4 インチのイグジット・コンプレッション・ドライバー1本と共にバスレフ・エンクロージャーに収容した,広範な常設用途向けの高性能フルレンジ2ウェイ・パッシブ・ラウドスピーカーで,『24S-D』は『24S』よりも広い水平ディスパージョン角度を持つバージョンです。12 インチ・ドライバーを双極配置した結果,双極面と同じ平面上で指向性制御は約 500 Hz まで下がりました。最適なフロー特性を持つように特別に設計されたポートと大きなキャビネット容量によってかなりの低域再生が得られます。
55 Hz〜18 kHz にわたる周波数レスポンスを持つ『24S』/『24S-D』はスタンドアローンのフルレンジ・システムとして使用でき,d&b 社のサブウーファーで低域を補強することもできます。グラウンド・スタックしたり個別にフライングすることもできます。HF ホーンを 90 度回転させて横置きも可能です。
ラウドスピーカーのキャビネットは船舶合板でできており,耐衝撃ペイント仕上げです。キャビネット前面は頑丈な金属製グリルで保護されています。d&b 社のリギング・ハードウェアを取り付けるために,天板,底板,両側板には M10 メスネジのインサートがそれぞれ1ペアあります。このラウドスピーカーは体育館や多目的ホール用の DIN 18032-3 に基づく耐球衝撃仕様となっています。固定ケーブルを用いる耐候オプションによって,環境条件が変化する中でもラウドスピーカーを運用することが可能になります。『24S』/『24S-D』は任意の RAL カラーでもお納めできます。この特別色オプションはリギング用アクセサリーにも適用できます。

アンプ

d&b audiotechnik のラウドスピーカー製品は d&b 社のアンプを用いて運用するように設計されています。d&b 社のアンプは d&b 社のシステム・アプローチが目指す性能と信頼性と長寿命を実現すべく仕立てられた総合的な制御および保護機能も提供します。『24S』/『24S-D』をドライブするには d&b 社の『30D』アンプを推奨します。スピーカー構成を適切に選択すれば d&b 社の『D20』および『D80』アンプも使用できます。

仕様

システム・データ
周波数特性(-5 dB standard)55 Hz〜18 kHz
周波数特性(-5 dB CUT mode)90 Hz〜18 kHz
最大音圧レベル(1 m,free field)
ブロードバンド測定,クレスト・ファクター 4 のピンクノイズ,ピーク測定,リニア・ウェイティング
D20/30D 使用時:138 dB
D80 使用時:138 dB
ラウドスピーカー・データ
コンフィギュレーション24S:常設専用高性能 2 ウェイ・ラウドスピーカー
24S-D:常設専用高性能ワイド・ディスパージョン 2 ウェイ・ラウドスピーカー
定格インピーダンス
パワー・ハンドリング能力(RMS/peak 10 ms)500/2000 W
定格ディスパージョン角度(水平×垂直)24S:75 度×45 度,回転可能
24S-D:110 度×45 度,回転可能
コンポーネントネオジム磁石使用 12" ドライバー × 2
1.4" イグジット・コンプレッション・ドライバー
パッシブ・クロスオーバー・ネットワーク
コネクター1×NL4,スクリュー・ターミナル・ブロック
寸法および重量
寸法(H×W×D)410×800×420 mm
重量33 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。