トップへ戻るhome
DB_LOGO

d&b Top | J-Series | Monitors | T-Series | V-Series | Y-Series | xA-Series | xC-Series | xS-Series | Amplifiers | Software
C-Series | Q-Series | E-Series

d&b audiotechnik - Bi6-SUB Subwoofer

Y-Series/Yi-Series Top | Y7P | Y10P | B6-SUB | Y8 | Y12 | Y-SUB | Yi7P | Yi10P | Bi6-SUB | Yi8 | Yi12 | Yi-SUB

Bi6-SUB-1

『Bi6-SUB』はグランドスタック用としてデザインされたバスレフレックス設計の高性能サブウーファーで,ロング・エクスカーション 18 インチ・ドライバー 1 台を搭載しています。『Bi6-SUB』は『B6』サブウーファーの固定設備バージョンであり,キャビネット構造,仕上げ,および取付ハードウェアだけが異なります。『Bi6』サブウーファーの 3 台か 3 の倍数台の『Bi6-SUB』を使用する場合,1 台のキャビネットを後方に向けて設置し,該当するアンプ・チャンネルを CSA モードとすることでカーディオイド・サブウーファー・アレイを構成することができます。これによって低周波域における優れた指向性コントロールが可能となり,リア方向へのエネルギー放射が大幅に低減されます。キャビネットは船舶用合板製で,耐衝撃塗装仕上げが施されています。さらにオプションで耐候仕上げ,特別色塗装をご用意しています。ラウドスピーカー・キャビネットの前面は,音響透過性のある発泡フォームを裏側に貼りつけた頑丈なメタルグリルで保護されています。

アンプ

d&b audiotechnik ラウドスピーカーは,d&b アンプ製品との併用だけを目的に設計されています。これによって,d&b システムアプローチに沿った機器の保護,信頼性,パフォーマンスを達成するためのパワー,そして広範囲にわたる制御と保護が実現されます。『Bi6-SUB』は,適切なセットアップにより設定された d&b『D6』,『D12』または『D80』アンプによって駆動することができます。

仕様

システム・データ
周波数特性(-5 dB,スタンダード)37 Hz〜140 Hz
周波数特性(-5 dB,100 Hzモード)37 Hz〜110 Hz
最大音圧レベル(1m,無響音場)
SPL 最大ピーク・テスト信号:クレスト・ファクター 4 のピンクノイズ
D6 使用時:128 dB
D12 使用時:131 dB
D80 使用時:134 dB
チャンネルごとのキャビネット D6/D12/D802
ラウドスピーカー・データ
公称インピーダンス
許容入力 LF(RMS/ピーク 10 ms)500/2000 W
コンポーネント1 × 18インチ・ドライバー
コネクター2 × NLT4
寸法,重量
寸法(高×幅×奥行)490×580×700 mm
重量38 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。