トップへ戻るhome
DB_LOGO

d&b Top | J-Series | Monitors | T-Series | V-Series | Y-Series | xA-Series | xC-Series | xS-Series | Amplifiers | Software
C-Series | Q-Series | E-Series

d&b audiotechnik - Y-SUB Subwoofer

Y-Series/Yi-Series Top | Y7P | Y10P | B6-SUB | Y8 | Y12 | Y-SUB | Yi7P | Yi10P | Bi6-SUB | Yi8 | Yi12 | Yi-SUB

Y-SUB-1
Y-SUB-2
Y-SUB-3
Y-SUB-4

『Y-SUB』は単独のアンプ・チャンネルでアクティブ駆動されるカーディオイド・サブウーファーです。このサブウーファーには,2 台のネオジム磁性体を使用した高品位ドライバーがカーディオイド構成に統合されています。バスレフレックス設計の前方向きは18 インチ・ドライバー,2 つのバンドパス・チャンバー設計の後方向きは 12 インチ・ドライバーを使用しています。この形態によって生み出されるカーディオイド指向パターンによって,システム後方へのエネルギーを減少し,低域再生の正確性が向上されるとともに,不要なエリアへのエネルギー分散を防ぎます。『Y-SUB』は 3 点式リギング・ハードウェアによって固定し,Y サブウーファーのみのコラム形成,Y アレイの上部,またはグランド・スタック式として使用することができます。キャビネットは船舶用合板製で,耐衝撃・耐候塗装仕上げ(ポリウレア保護)が施されており,ハンドル 2 個が取り付けられています。ラウドスピーカー・キャビネットの前面は,音響透過性のある発泡フォームを裏側に貼りつけた頑丈なメタルグリルで保護されています。後方向に 4 つのキャスターが装備されています。オプションの運搬用蓋は運搬中にサブウーファー前面を保護します。

アンプ

d&b audiotechnik ラウドスピーカーは,d&b アンプ製品との併用だけを目的に設計されています。これによって,d&b システムアプローチに沿った機器の保護,信頼性,パフォーマンスを達成するためのパワー,そして広範囲にわたる制御と保護が実現されます。『Y-SUB』は,適切なセットアップにより設定された d&b『D6』,『D12』または『D80』アンプによって駆動することができます。

仕様

システム・データ
周波数特性(-5 dB,スタンダード)39 Hz〜140 Hz
周波数特性(-5 dB,100 Hzモード)39 Hz〜110 Hz
最大音圧レベル(1m,無響音場)
SPL 最大ピーク・テスト信号:クレスト・ファクター 4 のピンクノイズ
D6 使用時:128 dB
D12 使用時:131 dB
D80 使用時:134 dB
チャンネルごとのキャビネット D6/D12/D802
ラウドスピーカー・データ
公称インピーダンス
許容入力 LF(RMS/ピーク 10 ms)600/2400 W
スプレイ・アングル設定0°,2.5°
コンポーネント1×18 インチ・ドライバー,ネオジム磁性体使用
1 × 12ドライバー,ネオジム磁性体使用
コネクター2×NLT4 F/M,オプションで 2×NL4 または 2×EP5
寸法,重量
寸法(高×幅×奥行)500×630×700(キャスターなし) / 804 mm
重量52 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。