GENELEC 8020CPM バイアンプ・モニタリング・システム

8020CPM』2 ウェイ・アクティブ・モニタリング・システムは GENELEC 8000 シリーズではコンパクトなモデルです(Iso-Pod™ 付で H 242 × W 151 ×D 142 mm)。このシステムは特に音声モニタリングのためのスペースが限られている場所での使用が想定されています。しかし,『8020CPM』はあらゆる歪を最小限に抑えるための GENELEC の各種音響ソリューションを備えていますのでサイズは性能に対するハンディにはなりません。

『8020CPM』は外寸のわりに豊かな内部容積や緩やかにカーブするエッジと優れた剛性感を特長とするアルミ合金製 MDE™(Minimum Diffraction Enclosure)を備えており,分解能のイメージングと低域の伸びがこのコンパクトなスピーカーから得られるのはまさに驚きです。

『8020CPM』は先進の DCW™(Directivity Control Waveguide)を採用して非常に滑らかな指向特性を実現する一方で,折れ曲がったバスレフ・ポートの開口部を幅広いラッパ状にすることによって優れた低域の放射を実現しています。

各モニターは 10 cm ウーファー・ユニットと DCW™ にマウントされた 19 mm メタルドーム・ツイーターが使用されています。周波数特性は 66 Hz〜20 kHz(±2.5 dB),ミュージック・パワーは 105 dB です。ウーファーとツイーターはぞれぞれ 20 W のパワー・アンプでドライブされます。

『8020CPM』は LSE™(Laminar Spiral Enclosure)技術を採用した『7050B』と組み合わせることができます。この組合せにより,ベース・マネジメント及び広帯域サラウンド・サウンド・モニタリング・システムを構築可能です。


アクセサリーについての詳細は GENELEC アクセサリー・カタログ(PDF)を参照してください。



レビュー&紹介記事へのリンク(マイナーチェンジ前の『8020B』のものです。敬称略・順不同)

楽器.me,『GENELEC モニターがプロに愛される理由』[2010-07-23 掲載]
レコーディングエキスプレス[2010-02-04 掲載](YouTube 動画)
サウンド&レコーディングマガジン[2005-09-01 掲載](マイナーチェンジ前の 8020A です)

GENELEC 8020CPM 仕様
入力フォーマットアナログ
音圧レベル
定格音圧(100 Hz 〜 3 kHz)≥ 95 dB SPL
ミュージック・パワー≥ 105 dB SPL @ 1 m
ドライバー
低域105 mm(4")
高域19 mm(3/4")メタル・ドーム
クロスオーバー周波数3 kHz
周波数特性(フリーフィールド)66 〜 20 kHz(± 2.5 dB)
アンプ出力 /ch
低域20 W
高域20 W
外形寸法(H × W × D)226 × 151 × 142 mm
(Iso-Pod™ 使用時高さ 242 mm)
重量3.7 kg

仕様は予告なく変更されることがあります。