トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

企業情報 Top | ニュース | ユーザー・リスト | ユーザーの一言コメント集 | 導入事例

←プレス・リリース一覧に戻る

Cats FM Irons Out Sound Irregularities With Jünger Audio

2010-03-29

ベルリン発:マレーシアはサラワクの最初の民間ラジオ局「Cats FM」は,同局の全 FM 送信チェーン内での音声レベルの変動をなくすために 6 台の Jünger Audio の『D07』2 チャンネル・デジタル・トランスミッション・プロセッサーを発注しました。

特に FM 放送と TV 送出用にプログラム信号を最適化するように設計された Jünger Audio の『D07』は同社の名高い『LEVEL MAGIC™』システムを内蔵しています。このシリーズのレベル及びラウドネス自動制御機器はどんなソースからのレベルをポンピングやブレシングや歪なしにいつでも調節します。『LEVEL MAGIC™』は AGC と速い変化用のトランジェント・プロセッサーと元ソースは問わずにプログラム素材を連続的に無人制御するための「ルックアヘッド」ピーク・リミッターとを同時的に組み合わせることで動作します。

クチンを本拠とする Cats FM はサラワク州全体に戦略的に配置された FM 送信機のネットワークを通じてマレー及びイバン地域内で様々なオーディエンスに向けて放送を行っています。元々は 24 時間の音楽及びエンターテインメント・ラジオ局ですが,ニュースや地域的な話題も取り上げています。同局のカバー範囲は非常に広く,ブルネイやカリマンタン=インドネシアのような隣国の一部でも聴くことができます。

Jünger Audio の技術に投資する決定は,昨年 Cats FM の総支配人 Mohd Iskandar Mohd Nawawi 氏と技術マネージャー Terence Lim 氏が同局の音声レベル変動に対する解決策を探りに Broadcast Asia を訪問した際に行われました。

Terence Lim 氏が語ります:「Cats FM はサラワク中に置いた全部で 8 台の FM 送信機を動作させていますが,各サイトでは音声レベルの変動が問題になっていました。そのため,私たちは解決策を見つけようという気になって,この問題に打ち勝てる相応しい選択肢を探し始めたのです。2008 年にクチンに私たちを訪ねてきた Jünger Audio Asia 所長の Kim Poh Tan さんと知り合いました。この訪問は Broadcast Asia でフォローアップされて,Jünger Audio のデモ機を試して,それが何をできるかを私自身が耳にすることができました。」

スタジオ用に設計された 1U のユニット『D06 LEVEL MAGIC™』プロセッサーを Cats FM が試せるように Kim Poh Tan が手配しました。このユニットは Jünger Audio のマレーシア代理店「Salzbrenner Stagetec Mediagroup」によって提供されたものでした。

「このユニットが生み出す違いははっきり分かりました」と Terrence Lim 氏が付け加えます。「ウチのスタジオに接続してみたら,すぐさまレベルが改善されました。『D06』がスタジオでこんなにも上手く動作できるのならば『D07』が現場でもっと良く動作しないわけがないと思いました。私たちの『D07』が納品されるのが待ち遠しいですし,近いうちにウチの全送信所に設置したいです。」

Terence Lim 氏は Cats FM にアピールした主な特長はボタンやスイッチを多数必要とせずに動作レベルを素早く簡単に制御する『D07』の能力だったと言います。「このユニットを操作するのを理解するためにロケット科学者になる必要はありません」と同氏。「このユニットが TCP/IP over Ethernet を提供している点も気に入っています。私たちのサイトの多くはウチのオフィスから離れたところにありますので,TCP/IP を介したリモート・アクセスが機材の保守を簡単で素早くかつ費用のかからないのもにしてくれるでしょう。飛行機や車での移動に掛かる代金や宿泊費等を払わないで済みますからね。」

Cats FM は『D06』と『D07』のどちらのソリューションを選んでも良かったのですが,『D07』は MPX リミッターとプリエンファシスを装備していますので Lim 氏は『D07』の方が正しい選択肢だと感じました。「FM 信号のエネルギー制御が良くなったように思いますし,これは FM 放送の S/N 比の改善にもつながりました。」と同氏は説明します。「ヒューズが切れるなどして突然電源が切れたときに『D07』はミュージカムからエキサイターへの音声情報を自動的にバイパスしますのでパワーフェイル・バイパス機能も気に入っています。つまり,ダウンタイムを最小限もしくは無しにしてくれるということです。」

今,Cats FM は Broadcast Asia の会場で Lim 氏の目を捉えた『V02』デジタル・ボイス・プロセッサーを購入することで Jünger Audio 機材を追加することを検討しています。「これは私の機材購入リストの次のアイテムかも知れません」と同氏は言います。