トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

企業情報 Top | ニュース | ユーザー・リスト | ユーザーの一言コメント集 | 導入事例

←プレス・リリース一覧に戻る

Jünger Audio Improves The Sound for Thailand’s TV Viewers

2010-03-29

バンコク発:タイ及び東南アジアで最大のケーブル及び衛星テレビジョン・プロバイダーの 1 つ「True Visions」が同社のペイ TV チャンネル間の音声レベルのバランスを取る一助として Jünger Audio の『LEVEL MAGIC™』プロセッサーを最終プログラム・チェーンに設置しました。

ニュース,スポーツ,ドキュメンタリー,そして軽い娯楽番組の質の高さで有名なこの放送局にとって視聴者に楽しんでもらえることが重要です。3 年前,同局はバンコクにある自局施設に Jünger Audio の『LEVEL MAGIC™』プロセッサーを何台か設置しましたが,それらが非常に良好に機能しているのでさらなる投資を決断してのでした。

True Visions の主任技官 Vichai Sernvongsat 氏は次のように語ります:「視聴者の皆さんが音声のラウドネスが明らかに違うことを感じることがないようにウチの放送チャンネルすべてにわたって同じ音声レベルを保ちたかったのです。Jünger Audio の機材は私たちの要求に完璧に合致しました。チャンネルが違うと音声レベルも違うという問題は今では解決され,その結果に大満足です。」

Jünger Audio のタイにおけるディストリビューターの「Advance Digital Tech Group」が True Visions TV に『LEVEL MAGIC™』機材を納入しましたが,さらなる売り上げを期待しているようです。

『LEVEL MAGIC™』はどんなソースからのレベルをポンピングやブレシングや歪なしにいつも調節するように設計された洗練された適応的レベル制御アルゴリズムで,AGC と速い変化用のトランジェント・プロセッサーと元ソースは問わずにプログラム素材を連続的に無人制御するための「ルックアヘッド」ピーク・リミッターとを同時的に組み合わせたものに基づいています。どんな種類の入出力(アナログとデジタル)ソースや SDI,HD/SDI,Dolby 5.1 及びその関連メタデータを扱うことができる『LEVEL MAGIC™』は異なる用途に適応できるように様々なコンフィギュレーションでご利用いただけます。

Sernvongsat 氏は付け加えます:「音声レベルを自動調整して保ちますので『LEVEL MAGIC™』は私たちにとって理想的なソリューションです。これは,ダイナミクス処理の効果を付け加えることなく,ウチの番組コンテンツの音量をチャンネル間にわたってノーマライズしています。」