トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

企業情報 Top | ニュース | ユーザー・リスト | ユーザーの一言コメント集 | 導入事例

←プレス・リリース一覧に戻る

IKO’s Central European Viewers Enjoy Better Quality Audio Thanks To Level Magic™ Technology

2010-03-29

ブダペスト発:「IKO Media Group」に技術サービスを提供するハンガリーの企業「Luminis Playout」は中央ヨーロッパでの IKO テレビジョンの視聴者に快適なサウンドをお届けするために Jünger Audio の『LEVEL MAGIC™』テクノロジーを使っています。

IKO はハンガリーにおけるリーダー的な制作及びニュー・メディア企業の 1 つで,現在《RTL Klub》という名前で放送を行っているハンガリー最大の民間テレビ局「M-RTL」の 6% を所有しています。このグループにはこの地域の 8 ヶ国の視聴者に放送を行う 20 のチャンネルがあります。Luminis は 6 つのスポーツ・チャンネル,2 つのドキュメンタリー・チャンネル,7 つの映画・ドラマ専用チャンネルを含む 15 のチャンネルの送出用の技術設備を管理しています。

IKO Luminis Playout の主任技師 Tam?s Csik?s 氏は次のように語ります:「私たちはハンガリー語やポーランド語,クロアチア語,チェコ語を含む色々な言語で音声を放送しています。私たちのスポーツ・チャンネルの 1 つはルーマニア語とハンガリー語の同時コメンタリー付きのマルチオーディオを特長としていますが,ドキュメンタリー・チャンネルには 3 つの同時音声ストリームと DVB のサブタイトルがあります。2006 年に私たちは『Level Magic™』の『C8000』シリーズを設置することでこれらのような異なる音声ソースからの音声のバランスを取ることを始めて,次第にシステムを拡張させて現在 15 のチャンネルすべての伝送経路全体にわたって『Level Magic™』音声処理を備えるまでに到りました。」

Jünger Audio の『LEVEL MAGIC™』はどんなソースからのレベルもポンピングやブレシングや歪なしにいつでも調節するように設計された適応的レベル制御アルゴリズムで,AGC と速い変化用のトランジェント・プロセッサーと元ソースは問わずにプログラム素材を連続的に無人制御するための「ルックアヘッド」ピーク・リミッターとを同時的に組み合わせたものに基づいています。どんな種類の入出力(アナログとデジタル)ソースや SDI,HD/SDI,Dolby 5.1 及びその関連メタデータを扱うことができる『LEVEL MAGIC™』は異なる用途に適応できるように様々なコンフィギュレーションでご利用いただけます。

「優れた能力のある洗練された製品であり,非常にコンパクトなのでマルチチャンネルの送信施設に適しているから私たちは『LEVEL MAGIC™』を選びました」と Csik?s 氏。「SDI インターフェイスはシステム設計に便利で,私たちの機能要求にもマッチします。15 のチャンネルすべてにわたって音質を改善してくれたこれらのユニットの性能が嬉しいです。」

Luminis に Jünger Audio の『LEVEL MAGIC™』プロセッサーを納入したのは同社のハンガリーにおけるディストリビューター「Rexfilm」でした。Rexfilm のプロジェクト・マネージャーの G?bor Csap? 氏は次のように言います:「歪を引き起こしたり音にきついダイナミクス処理を適用することなく,幅広い範囲のプログラム素材に音声レベルを制御するための確実なアルゴリズムを提供しますので,私どものお客様たちには『LEVEL MAGIC™』をお選び頂いております。『LEVEL MAGIC™』が自動化されていて非常に使い易いこともアピール点として追加されます。」