トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

企業情報 Top | ニュース | ユーザー・リスト | ユーザーの一言コメント集 | 導入事例

←プレス・リリース一覧に戻る

LEVEL MAGIC™ Technology Helps Delux Digital Studios Meet Differing Requirements For Loudness

2010-12-13

ベルリン発:様々な国際的な放送局用にフルレンジの音声ミックスを作成する際,ダイナミック・レンジやピークや全体的な音声のラウドネスに対する各顧客の様々に異なる要求に応えることは難しい仕事になる可能性があります。このような状況で必要なものはミックスを劣化させることなく色々に異なるマスターを作成できるような使い易いダイナミック・レンジ・プロセッサーです。

「Deluxe Digital Studios」はまさにこの状況に直面していましたが,その解決策は Jünger Audio の『LEVEL MAGIC』デジタル・ダイナミクス・プロセッサー『B46』を設置することでした。このユニットは Jünger Audio の英国ディストリビューター「Aspen Media」によって納入されたもので,今は Delux Digital Studio のロンドンにある施設で一連のプロジェクトに(主には外国語のダビング)フル稼動しています。

Delux Digital Studios は主要なハリウッド・スタジオや国際的な放送局や権利所有者に対するエンターテインメント業界サービス及び技術のプロバイダーのリーダー的存在である「Delux Digital Services」のポストプロダクション及びデジタルフィルム・サービス部門です。Delux Digital Services は北米と欧州とオーストラリアにラボラトリーとポストプロダクション施設を持ち,多岐にわたるサービスを提供しています。それは次のようなものです:動画フィルムの処理とプリントと配給,EFILM® デジタル・インターミディエイト,ポストプロダクション及びサブタイトリング・サービス,タイトルのデザインとデジタル VFX,DVD 及び Blu-ray 用のコンプレッションとエンコーディングとオーサリング,デジタル・シネマ・サービスとデジタル資産管理とデジタル配給,マーケティングのフルフィルメント・サービス。

Delux Digital Studios はロンドンとロサンゼルス,ニューヨーク,フローレンス,トロントに施設を持ちます。この Jünger Audio のユニットは,音声ダビングや適合化,復元,サブタイトリング,DVD 及び Blu-ray のオーサリング,ビデオ・エンコーディング,英国と欧州に対する資産管理サービスを行っているソーホーのロンドン・オフィス内に設置されました。

Delux Digital Studios の技術監督 Gerald Hinton 氏は次のように言います:「国際的な権利所有者の方々に多言語音声サービスをお届けすることが増えてきていますが,私たちは多言語ダビングを重要なサービスとしています。ダビングの仕事に際しては毎回,それが 1 言語のものであろうと 10 言語のものであろうと,各言語のフルレンジのミックスを作るのが普通ですが,その後私たちはダイナミック・レンジやピークや全体的ラウドネスに関する色々な納品仕様に対応しなくてはなりません。私たちは素早くセットアップでき,ミックスを劣化させることなく様々なマスターを簡単に作成できるようなユニットを探していました。そのシステムは音声へのカラーリング等の改竄なしにダイナミック・レンジやレベルやラウドネスの変化を扱うことができる必要がありました。」

Hinton 氏は Jünger Audio の『B46』はこの要求にとても良く合致したと言います。このユニットはユーザーにごく少数の設定を入力することしか求めませんので非常に使い易くできています。一旦設定されれば,Jünger Audio の特許『LEVEL MAGIC™』ラウドネス・システムが,聴いても分からないような処理に必要その他の全パラメーターを見直しし,プログラム信号内の変化に応じてそれらを自動的に制御することで最適な結果を達成します。適応的レベル制御アルゴリズムを採用した『LEVEL MAGIC™』はどんなソースからのレベルもポンピングやブレシングや歪なしにいつでも調節できます。このアルゴリズムは AGC と速い変化用のトランジェント・プロセッサーと元ソースは問わずにプログラム素材を連続的に無人制御するための「ルックアヘッド」ピーク・リミッターを同時的に組み合わせることで動作します。

「『B46』は非常に設置が簡単で,受け取って 2 時間以内に立ち上がって動作していました」と Hinton 氏が付け加えます。「あるマスターのクローンやサブマスターを異なるフレーム・レートで作ることが多いですから私たちは主にテープからテープの領域内で作業するためのユニットが欲しかったのです。SDI 信号を『B46』に通せば,別ユニットに通したビデオが遅延することを心配する必要はありません。これはこのユニット内でシームレスに扱われますから。」

Aspen Media は Delux が自らの要求に合った適切なプロセッサーを選択できるように重要な役割を果たしました。Aspen 社長 Chris Collings 氏は Jünger Audio のドイツ・オフィスからデモ用のユニットを手配し,それが必ず Hinton 氏のニーズに合うように用意しました。「Aspen Media さんとは 10 年以上前に私どもの THX 認証音声室の大半の機材を納めてもらったことで始まった長年の関係があります」と Hinton 氏は言います。「そのときから Chris さんやチームはいつも私たちが問題を解決するのを助けてくれたり,私たちのワークフローが楽になるような助言をしてくれています。音声レベルのコントローラーを探すことになってまず最初に Aspen Media さんに電話を入れました。どなたにもサプライヤーとして Aspen さんを本当にお薦めしますよ。」

Hinton 氏は Delux Digital Studios が『B46』を使って達成している成果を嬉しく感じていると付け加えます。「このユニットの操作し易さや保存しておいたコンフィギュレーションを呼び出す機能は本当に時間の節約になります」と同氏。