トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

企業情報 Top | ニュース | ユーザー・リスト | ユーザーの一言コメント集 | 導入事例

←プレス・リリース一覧に戻る

BeTV Invests In Jünger Audio’s Award-Winning T*AP TV Audio Processor

2012-10-30

ベルリン発:ベルギーの主要テレビ局「BeTV」が Jünger Audio 社の『T*AP』テレビジョン・オーディオ・プロセッサーを導入した同国で最初の放送局となりました。
ブリュッセルに本拠を置く「BeTV」は 2004 年に「Walloon cable」の経営陣と投資ファンド「Deficom and Socofe」がローカルな「Canal+」の資産を「Vivendi Universal」から取得して設立されました。同局はベルギーのフランス語を使う視聴者たちに幅広い内容の番組を提供し,質の高いサービスを届けています。
BeTV は同局の全出力にわたって音声のラウドネス・レベルを制御できるように Jünger Audio の『T*AP』テレビジョン・オーディオ・プロセッサーを送出経路に設置しました。この 10 台は Jünger Audio のベルギー代理店「APEX NV」によって納入されたものです。
BeTV の技術・保守マネージャーである Paulin Deiautte 氏は次のように語っています:「私たちはこの数年間にわたって 1 つの HD チャンネルに Dolby の機材を使って来ましたが,現在,HD チャンネル数を増やして,そのそれぞれにラウドネス制御を追加しようとしています。Junger Audio の『T*AP』ユニットは,コンパクトな素材や明解な管理,ラウドネス処理用の 1 バンドの音声,Dolby テクノロジーとの一体化,そして巧みなダイアログ処理のすべてを極めて使い易いフォーマット内に提供してくれますので,私たちのニーズにピッタリ合っていることに気付きました。」

音声のラウドネスに取り組むことは長年にわたって商業的な問題でしたが,世界中の政府や規格団体が独自のラウドネス制御を提唱することで法的な規制となったために最近はさらに重要になってきています。Jünger Audio のラウドネス・ソリューションは ITU や EBU や ATSC を含む既知のラウドネス規格すべてサポートしますので,『T*AP』テレビジョン・オーディオ・プロセッサーを導入することで BeTV は自局の音声出力全体が法的なラウドネス制御に準拠していることに確信が持てます。
Jünger Audio の代表取締役 Peter Pörs は次のようにコメントしています:「『T*AP』のような当社のラウドネス制御製品は音声ラウドネス問題を解決するためのシンプルで効率の高いソリューションを提供しますので,世界中の多くの放送施設に納入されています。成功の秘訣はどんなソースからの音声レベルもポンピングやブレシングや歪なしにいつでも調整できる当社のアダプティブな制御アルゴリズム『LEVEL MAGIC™』です。放送局は『LEVEL MAGIC™』を用いることの利点に気づき,送出やリアルタイム処理のためにこれをお選び頂くことが増えています。」

Jünger Audio の『LEVEL MAGIC™』アルゴリズムは,AGC と速い変化用のトランジェント・プロセッサーと元のソースには無関係にプログラム素材を連続的に無人制御するための「ルックアヘッド」ピーク・リミッターとを同時的に組み合わせたものに基づいています。色々な種類の入出力(アナログ及びデジタル)ソースのみならず SDI,HD/SDI,Dolby 5.1 やその関連メタデータを使用できる『LEVEL MAGIC™』は様々な用途に適合できるように色々なコンフィギュレーションで利用可能です。

BeTV が『T*AP』テレビジョン・オーディオ・プロセッサーを選んだのは Jünger Audio のベースバンド・マルチループ・ラウドネス処理に感銘を受けたことだけではなく,この製品が Dolby トランスコーディングとの一体化に優れた能力を有しているからです。主に TV 送出用に設計された本機は最高 8 チャンネルの音声(8×1,4×2,6+2)にラウドネス制御,アップミックス及びサラウンド・サウンド処理を提供します。オプションの Dolby デコーディング及びエンコーディング(D,D+,Pulse)とメタデータ管理も,5.1 Downmix 及び Jünger Audio の 5.1 UPMIX 回路(大幅に改善された性能と一連の新設定を提供するようにアップグレード済み)と共に用意されています

Jünger Webinterface @ BE TV Jünger T*AP @ BE TV