トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

企業情報 Top | ニュース | ユーザー・リスト | ユーザーの一言コメント集 | 導入事例

←プレス・リリース一覧に戻る

Jünger Audio Helps TVN in Chile Comply With International Loudness Legislation

2013-03-07

ベルリン発:今日の放送界ではコンテンツは国際的な売買によって収益化されており,テレビ信号は頻繁に国境を越えます。ラウドネス法令がない国々のテレビ放送局にとっても,そのコンテンツがラウドネス規制のある国でも視聴されますので音声レベルを制御することは重要です。

チリの「TVN」はそのような放送局です。チリにはラウドネス規制ルールはありませんが,同局は国際チャンネル《TV Chile》を持っており,これは世界中に衛星放送されていますので米国を含む様々な国の規制に適合する必要があります。

「TVN」の技術部次長の Mauricio Rojo 氏はこのような問題に適したラウドネス制御ソリューションを見つける作業を担当し,何社かのメーカーの製品を用いたテストを実行した結果,ドイツのラウドネス制御のスペシャリスト Jünger Audio が出している『T*AP』テレビジョン・オーディオ・プロセッサーを選択しました。

「私たちは他メーカーのラウドネス・プロセッサーをすでに持っていましたが,最終的な音声経路内でもっと柔軟で,極めて高品質の音声を提供できる洗練されたアルゴリズムを持つものが欲しかったのです」と Rojo 氏は説きます。「テストは Jünger Audio の『T*AP』プロセッサーがわけなく勝利を収めました。というのもこのユニットはとてもシンプルで使い易く,それに Jünger Audio の『LEVEL MAGIC™ II』アルゴリズムのおかげで,私たちが求めていた音質を提供することができたからです。」

Rojo 氏は価格も考慮したことを付け加えます:「他のメーカーからもっと廉いエントリー・レベルの製品が出ていますが,同等の音質を提供してくれません。性能を考慮すると『T*AP』ユニットは非常にコスト効率が優れていましたので私たちはためらうことなく 2 台発注しました。」

1969 年に公共チャンネルとして設立された「TVN」はチリの 98% をカバーする同国の主要放送局です。同局は本局をサンチアゴに置き,ニュース・チャンネル《24 Horas》と衛星を介して世界中で視聴されている国際チャンネル《TV Chile》も放送しています。

「私たちの国際チャンネルはヨーロッパや北米・中米・南米とオセアニアでも視られていますので私たちの放送がその地域のルールに準拠していることが重要です」と Rojo 氏。「『T*AP』があらゆる国際的な規格や規制(ITU 1770/1/2/3,ATSC A85 や EBU R128)に適合していることは最終的な決断での重要なポイントでした。」

現在,「TVN」は《TV Chile》の送出経路に 1 台の『T*AP』プロセッサーを設置していますが,近いうちに同局のメインの送出経路にも第二の『T*AP』を設置する予定です。どちらのユニットも Jünger Audio のチリにおけるディストリビューター「Intervideo Ingeniería y Telecomunicaciones Ltda」が納入したものです。
「一台目の『T*AP』プロセッサーの働きぶり,特に質の高い音声には,私たちは大変満足しています」と Rojo 氏は付け加えます。「私たちのサウンド・エンジニア連中はファイナル・ミックスが音質面で妥協する必要なしに制御されるのが非常にご満悦です。」

Mauricio Rojo, TVN’s Deputy Manager of Engineering

TVN - Building