• Who we are
    Who we are...
    動的な音声処理での 20 年を軽く凌駕する経験を持ち、設置された製品チャンネルが世界中で優に 10,000 を超える Jünger Audio は、制作・送出・配給の各分野における放送音声処理ソリューションのリーダー的メーカーとして国際的に認知されています。
  • Who we are
    Who we are...
    設立当初からユーザーとの距離を近く取ることが Jünger Audio の方針であり、このことによって熱心なユーザーの方々と Jünger Audio の意気軒昂な開発チームが共同して優れた製品開発を推し進めてきました。「Made in Germany」の品質を持つオーディオ製品は長くそして優れた歴史を有していますが、Jünger Audio もその伝統を誇りを持ってつないで行きます。
  • Loudness Management
    Loudness Management:
    Jünger Audio の最新『*AP』ファミリーは、遅い変化(AGC)と速い変化(トランジェント処理)とルックアヘッド・トゥルー・ピーク・リミッティングを同時処理するマルチループ・ダイナミック・レンジ制御原理、適応的ラウドネス・アルゴリズム『LEVEL MAGIC™ II』を用いています。
  • Loudness Solution
    LEVEL MAGIC™
    『LEVEL MAGIC™』はカラーレーションやポンピングやブリージングや歪や変調効果を排除しつつ卓越した高音質を有するリアルタイムのレベル管理を提供します。
  • Loudness Solution
    LEVEL MAGIC™
    最新のバージョン II は ITU.1770(バージョン 1、2、3)、ATSC A/85、ARIB TR-B32、EBU R128 等の現行のあらゆる放送音声ラウドネス勧告に適合します。
  • T*AP Package - TV Audio Processor
    T*AP Package - TV Audio Processor
    この創造的なツールはラウドネス制御の行われた放送体制への移行をスムーズかつ簡単に行えるように設計されています。8 処理チャンネルを持ち、3G SDI や Dolby® をサポートし、ラウドネス・ロギング機能もオプションで用意している『T*AP』は放送局が必要とすることをくまなくカバーします。
  • D*AP4 Digital Audio Processor LM 2 and LM4
    D*AP4 Digital Audio Processor Series
    D*AP4 シリーズは T*AP の機能を、処理の質での妥協を一切許さずに、よりシンプルな形で提供します。
  • M*AP Monitoring Audio Processor
    M*AP Monitoring Audio Processor
    この優れたツールはオーディオ・モニター・コントローラーをネットワーク化の可能なラウドネス測定機能と共に 1 つのユニットにまとめたもので、放送制作やポストプロダクションや送出部門で作業する方々に包括的な品質管理とラウドネス監視機能をお届けします。
  • V*AP Voice Audio Processor
    V*AP Voice Audio Processor
    V*AP システムは音質への妥協一切なしに声の処理を簡単に行えます。Jünger Audio 製品に期待される柔軟性も備えています。
  • J*AM software applications and add-ons
    J*AM software applications and add-ons
    J*AM(Jünger Application Manager)は MS Windows™ 用の強力なソフトウェア・プラットフォームで、ネットワーク内の全 Jünger Audio 機材を管理して現行及び将来の Jünger Audio のソフトウェア製品やライセンスを起動させることができます。
  • C8000
    C8000 modular digital solutions
    C8000 は DSP と I/O インターフェイス・カードとフレームからなるモジュラー形式のシステムで、各放送局独自の音声処理要件に柔軟に対応できます。
Jünger Product Overview
Jünger News
Jünger White Papers & Info
Jünger Price List