トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

Previous Models:D02 2ch Dynamics Processor

Dynamics & Transmission Devices

d02_1.jpg
d02_2.jpg ディスコン

概要

デジタル・ダイナミクス・プロセッサー『D02』はデジタル及びアナログ信号のダイナミック・レンジを処理するプロフェッショナルなスタジオ機材です。

本機はデジタル AES/EBU インターフェイスと高解像度の 24 ビット A/D コンバーターを装備しており,デジタル及びアナログ・ドメインでのダイナミック・レンジ処理(コンプレッサー,リミッター,エクスパンダー)が可能です。

『D02』はクリッピングやオーバーロードを生じさせるリスクなしに,アナログ音声信号をデジタル音声信号に変換します。A/D 変換(オーバーロードを避けるためのヘッドルームを確保)とゲイン及びリミッターのデジタル処理とを組み合わせたことにより,クリッピングなしに最大限のデジタル・フルスケール信号を達成できます。

プログラムのデンシティ及びラウドネス・レベルの増大には,ポンピングやブレシングやカラーレーションのようなダイナミック・レンジ・プロセッサーによく見られる処理ノイズがまったくありません。

本機は操作し易く,必要となる設定選択はわずかしかありません。ダイナミック・レンジを耳に付かないように処理するのに必要な他のパラメーターはすべてプログラム信号によって自動的に制御され,最適化されます。

主な特長

技術仕様

処理サンプル・レート:44.1 kHz,48 kHz
音声データ・フォーマット:24 ビット(AES/EBU,HD-SDI),20 ビット(SD-SDI)
AES/EBU デジタル入出力レベル:5 Vp-p / 110Ω,バランス
コネクター:XLR
入力フォーマット:AES professional,AES consumer
出力フォーマット:入力と同じ
ANALOG IN解像度:24 ビット
サンプル・レート:44.1 kHz 〜 48 kHz
ダイナミック・レンジ:110 dB(RMS),114 dB(A-weighted)
THD+N:<0.002%(最大入力レベルにて)
周波数特性:20 Hz 〜 20 kHz ±0.5 dB(FS=48 kHz)
CMRR:-100 dB(50 Hz にて)
最大入力レベル:+22 dBu(0 dBFSにて)
入力インピーダンス:10 kΩ,フローティング・バランス式
コネクター:XLR(1-screen,2-live,3-return)
ANALOG OUT解像度:24 ビット
サンプル・レート:44.1 kHz 〜 48 kHz
ダイナミック・レンジ:108 dB(RMS),110 dB(A-weighted)
THD+N:<0.002%(最大入力レベルにて)
周波数特性:20 Hz 〜 20 kHz ±0.5 dB(FS=48 kHz)
最大出力レベル:+22 dBu(0 dBFS にて)
出力インピーダンス:30Ω,フローティング・バランス式
コネクター:XLR(1-screen,2-live,3-return)
同期SYNC IN
WCLK コネクター:BNC,75Ω,同軸
レベル:TTL
入力フォーマット:Wordclock
AES/EBU コネクター:BNC,75Ω,同軸
レベル:0.5 〜 5 Vp-p
入力フォーマット:AES professional,AES consumer
VIDEOコネクター(オプション):BNC,75ω,同軸
レベル:0 〜 1 Vp-p
入力フォーマット:ブラックバーストまたは PAL/NTSC コンポジット・ビデオ
WCLK OUT
WCLK コネクター
BNC,10kΩ,同軸
レベル:TTL
出力フォーマット:Wordclock
リモートシリアル・リモート・インターフェイス RS-232,コネクター:D-sub 9 ピン雌
シリアル・リモート・インターフェイス RS-422,コネクター:D-sub 9 ピン雌
シリアル・リモート・インターフェイス CAN (1.0)
GPI パラレル・インターフェイス
レベル:オプトカプラー,制御電圧 3 〜 24 V
コネクター:D-sub 15 ピン雌
Tally Out
レベル:リレー接点
コネクター:D-sub 25 ピン雌
一般仕様消費電力:約 20 W
寸法:幅 19 インチ,高さ 1 RU,奥行き 250 mm
重量:約 4.5 kg