トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

Slim Line:Digital Audio Processor D*AP4 LM EDITION

『D*AP4 LM EDITION』は『D*AP4』プロセシング・プラットフォームに基づき,『D*AP8 TAP EDITION』が提供する処理機能を処理の質には一切の妥協を行うことなく小規模な 4 チャンネルおよび 2 チャンネルのシステムで利用できるように設計されています。

D*AP4 LM Edition (front view)
Juenger DAP 4 Rear

『D*AP4 LM EDITION』は ITU-BS.1770 規格(改訂 1,2,3)や推奨慣行である ATSC A/85(2011/2013),ARIB TR-B32,Free TV OP-59,Portaria 354,EBU R128 を含む現行のあらゆる放送音声ラウドネス勧告に準拠した自動的かつ適応的なラウドネス管理に特化しています。

『D*AP4 LM EDITION』は 2 つまでのステレオ音声プログラムに対するラウドネスの平準化およびダイナミック・レンジ処理を特長としています。『D*AP4 LM EDITION』の豊富な機能には洗練されたフェイル・オーバーとボイスオーバーも含まれています。

ダイナミクス・レンジ制御と Level Magic II™
ユニークなマルチループ制御原理に基づく Jünger Audio の『Level Magic II™』アルゴリズムは,優れた音質を持ち,カラーレーションやポンピングや歪や変調効果のないアダプティブなワイドバンド制御を提供します。ダイナミクス・セクションはエクスパンダーとアップワード・コンプレッサーを搭載しています。『Level Magic II™』は以下の 3 つの主要ゲイン変更要素を組み合わせることで妥協のないラウドネス管理をお届けします:
• トランジェント・プロセッサー
• アダプティブ AGC
• 歪のないトゥルー・ピーク・リミッター

Spectral Signature™
Jünger Audio の『Spectral Signature™』ダイナミック・イコライザーは番組のスペクトル構造を制御する強力な創造的ツールとなります。『Spectral Signature™』は入力される音声を分析し,そのスペクトル構造を既定の基準カーブと比較し,これによって一貫性のある音の印象を得るために必要に応じてダイナミック EQ 補正を適用できるようになります。『Spectral Signature™』は『D*AP4 LM EDITION』のオプション機能です。

ラウドネス計測
番組がラウドネス規制に従っていることをチェックするために,本機は入力信号からラウドネスとトゥルー・ピーク・レベルを分析し,ネットワーク上にあるオプションの計測およびロギング・ソフトウェアへ測定データをイーサネット経由で転送します。この計測は GPI を介してオートメーション・システムによって,ネットワークを介して,あるいは『X*AP RM1』リモート・パネルから手動で開始することができます。『D*AP4 LM EDITION』は既定の限度を超えた場合に SNMP または GPIO アラームを生成することもできます。

ラウドネスのロギング
オプションの『Loudness Logger』ソフトウェアによって番組の長期的なロギングと分析が可能になります。

システム統合
全システム・パラメーターはリモート・アクセスが可能ですので放送制御システムやオートメーション・システムに本機を統合してリモート制御できます。これによってユーザーの方々は番組に個々の処理を適用することができ,これはラウドネス制御を良く管理する上では重要な機能です。

ウェブ・コンフィギュレーション
ウェブ・インターフェイスによって設定はネットワーク内のどこからでも簡単かつ直感的に行えます。

インターフェイスとシステム・セキュリティ
音声入出力の範囲はオンボードの AES I/O からオプションの 3G/HD/SD SDI I/O にわたり,ビデオ遅延やアナログ I/O も利用できます。全インターフェイスはパワーフェイル・バイパス機能を標準でサポートしています。リダンダント PSU を標準搭載し SNMP 統合機能も用意した本機は運用の安全性を最大限に高めます。

D*AP4 LM EDITION Processing Block Diagram
D*AP4 LM EDITION 処理ブロック・ダイアグラム

主な特長:

その他の特長:

アクセサリー: