トップへ戻るhome
JUNGER_LOGO

Jünger Top | 日本語取扱説明書&技術解説 | 企業情報

Slim Line:Option Board Dolby® D/D+/AAC/HE-AAC Encoder

Dolby® D/D+/AAC/HE-AAC エンコーダー・オプション・ボードは『D*AP8』プロセシング・プラットフォーム用に設計されており,Dolby® D/D+/AAC/HE-AAC エンコーディングを提供します。

このモジュールは,Dolby® デコーディング音声処理による音声のデエンベディングから,適切な Dolby® フォーマットでの再エンコーディング,そして希望する出力への再エンベディングあるいはルーティングを網羅する『D*AP8』の内蔵 Dolby® プロセシング・チェーンの一部です。コンフィギュレーションと操作はウェブ・インターフェイスを介して行われます。リモート・コントロールは GPI あるいはサードパーティー製デバイス(オープンな Ember プロトコルによる)を介します。

Example: D*AP8 unit equipped with several Dolby® option boards
例:Dolby® オプション・ボードを装着した D*AP8 ユニット

主な特長:

対応モデル:

D*AP8 ハードウェアは本オプション・ボードを 1 台に付き 1 枚搭載できます。