2015-07-07

EUROMEDIA,《ツール・ド・フランス》に LAWO『V__pro8』と『mc²56』を使用

世界最強のサイクリストたちが参加する《ツール・ド・フランス》──沿道に並ぶことのできない大勢のファンたちはラジオとテレビの生放送でレースの模様を見守ります。今年の放送は LAWO 搭載の新しい OB トラックを使用する EUROMEDIA 社の制作です。

102 回目を迎えたこの世界最大の自転車競技会では 9 人のライダーからなる 22 のチーム(スタート時は 198 人が揃います)が 3,360 キロメートルのロードをオランダ,ベルギー,フランス内の 21 のステージで競い合います。2015 年 7 月 4 日にオランダのユトレヒトでスタートを切ったこのツールは 7 月 26 日にパリのシャンゼリゼで伝統的な大団円を迎えます。

EUROMEDIA のこの新しいハイブリッド制作 OB 車両「C42」は 10〜12 台のカメラをサポートし,特にスポーツやバラエティ,ゲーム,エンターテインメント番組制作の要求に合わせて設計されています。この車両は《ツール・ド・フランス》では RF 無線フィードすべてを調整してから国際放送フィード担当のトラックに送ります。またこれは万一の故障の場合に緊急バックアップも提供できます。

OB 車両はレースの全ステージでライダーたちに付き従います──搭載された LAWO『V__pro8』ビデオ・プロセッサー・ユニットはモーターサイクル・カメラ隊から受けたビデオ信号の色補正に使われ,48 フェーダーの LAWO『mc²56』オーディオ・ミキシング・コンソールと 144 の DSP チャンネルおよびリダンダント運用で 5120×5120 クロスポイント容量を提供する省スペースのコンパクトな 7U のコアは音声ミックスに使われます。3 台の『DALLIS』フレーム(2 台は車外ステージボックスとして使用)が必要な入出力を提供します。機材の全体的な制御は,通信管理,そして様々な機能を果たす色々なメーカー製の機材の切り替えを行う L-S-B Virtual Studio Manager(VSM)System に割り当てられます。

『V__pro8』は 8 映像チャンネルを 384 音声チャンネルと自由に組み合わせて使えるコンパクトな高性能ビデオ・プロセッサーで,3G-SDI,MADI,RAVENNA 等のプロトコルを用いてクロスフォーマット・コンバージョンや色補正,エンベディング/デエンベディングを簡単なタッチ操作で提供します。多様なタスクをひとつのツールに集約した『V__pro8』は代替ソリューションよりもかなりコストを抑えながら最大限の効率と運用の安全をお約束します。