2015-12-01

世界初:蘭 Infostrada 社 Cloud Production プラットフォーム,LAWO の IP ソリューションで生放送を実施

11 月 22 日,日曜日,TV番組《Carlo’s TV Café》は DutchView Infostrada 社の新たな「Cloud Production」システムを用いてオランダの大手民放テレビ・チャンネル RTL4 によって放送されました──これはクラウド・ベースの技術を使った初のマルチカメラ生放送です。その翌日,11 月 23 日には RTL7 によって《Voetbal Inside》が放送されてこの新技術を用いる二番目の生放送となり,それ以降多数の番組が続き,「Cloud Production」プラットフォームは通常の運営に組み込まれるようになっています。

オランダを本拠とする制作アウトソーシング・ソリューションのプロバイダーで全世界的なネットワーク NEP に属する DutchView Infostrada 社は IP 放送制作を革命的な水準に引き上げる自社コンセプトの実現作業への協力を LAWO 社に依頼し,その結果「Cloud Production」は画期的で柔軟かつ効率の良いワークフローが得られる IP ベースの総合的映像音声製作プラットフォームとなりました。

LAWO の IP ベースの映像/音声およびルーティング機材を統合した「Cloud Production」インフラストラクチャー全体は VSM(Virtual Studio Manager)によって集中管理されます。このセットアップは多数の LAWO 社機材──『V__remote4』IP ビデオ制作ユニット,『mc²56』オーディオ・ミキシング・コンソール,『Nova』コンパクト・ルーター,『DALLIS』I/O システム,『A__mic8』Analog-to-IP オーディオ・インターフェイス──で出来上がっています。 DutchView Infostrada 社の「Cloud Production」はリソースを制作全体で効率的かつ持続的に共有・活用できるように集中化します。このように構築された技術と人員を日々複数の制作に適用でき,より効率よく作業して制作チームは自分たちの仕事の質に集中することが可能になります。

「多くのメディア企業と放送局はリモート制作と Video-over-IP で作業されていますが,私たちはリソースをオンデマンドで利用できるクラウド・プラットフォームへジャンプしました。当社の技術的なインフラと LiveCenter が「Cloud Production」の基盤です。私たちは自社データ・センターと100% 稼動可能なダークファイバー・ネットワークを運用しており,このインフラ全体は自社開発のモニタリング・ツール「GrandCentral」によって監視され,年中 24 時間無休のサービスデスクによってサポートされています。これが私たちの新たな「Cloud Production」テクノロジーにとっての非常に安定した基盤となりました。私はこれが世界初であることを大いに誇りに思います」と DutchView Infostrada の CTO,Peter Bruggink 氏。

この新たなセットアップを手にした DutchView Infostrada 社は大型 OB トラックをロケ地に送る必要はなくなり,その代わりに LAWO 社のステージボックスが IP ネットワーク──スタジオとロケ地を結んでいるのと同じネットワーク──を使って映像音声入出力とプロセシングを取り扱います。すべては DutchView Infostrada 社独自の光ファイバー・ネットワークを使って全テクノロジーが収容されている同社のデータ・センターに接続されています。そして「Cloud Production」の制作室(指揮,音声処理,映像処理)では従来の制作の場合と同様に制作過程を完璧に制御できます。制作のタイプによってはディレクターはスタジオに近い場所や中央の制作室からも作業可能です。

DutchView Infostrada 社と LAWO 社の技術チームは放送前にヒルフェルスムにあるメディア・パーク現地も含めてこの設置について緊密に作業を行いました:「このプロジェクトの作業では私たちは皆多くを学びました。DutchView Infostrada と LAWO はパートナーとしてチームを組み,この確固たるコンセプトを LAWO 社の IP ベース機材と VSM 制御を用いて現実のものとしました──しかし,これと同様に重要なのは成功に導くのに必要な信頼とコミュニケーションと絶対的な献身です」と Bruggink 氏は語ります。

DutchView Infostrada 社のプレスリリースは RTL Netherlands Productions 社のビジネス・マネージャー Mark de Vink 氏の次のような発言を引用しています:「クラウド制作でライブでオンエアされた最初の番組というのは非常に刺激的でしたし,またこれは大成功でした。レコーディングのときにはそれに必要なリソースのみを使いますので「Cloud Production」は他のどんなソリューションよりも効率的です。中央に置かれたリソースを用いればロケ地に行くクルーの数は少なくて済みますし,交通費や宿泊費の節減にもつながります」。

DutchView Infostrada 社について
オランダのヒルフェルスムに本社を置く DutchView Infostrada 社は大手放送局やスタジオ,ディストリビューターの制作と国際的な配信をサポートし,デジタル・テクノロジーのパイオニアとして同社は従来の放送プロセスを統合化されたワークフローへと転換してきています。同社のマルチプラットフォーム配信ソリューションはオンラインおよびモバイル・ビデオを世界中の視聴者に届けています。
DutchView Infostrada は NEP ワールドワイド・ネットワークに属します。NEP は放送およびライブ・イベント業界へのアウトソーシング・サービスの世界的な大手プロバイダーで,スタジオ外放送やスタジオ制作,映像表示,ホスト放送についてのソリューションを提供しています。NEP は米国に本社を置きますが,英国,欧州,ドバイ,オーストラリアにもオフィスを構えています。