2008-09-10

By the old dockside crane

Two networked Lawo mc²56 in Berlin’s TV shipyard.

ベルリン東湾の歴史的な波止場の 2 棟の古いしゃれたビルディングに挟まったクレーン施設が「TV shipyard」社の本拠地です。外から見ただけならば,Shipyard TV(die fernsehwerft)と A-Medialynx GmbH が運営する最先端の放送センターがこのような環境に存在するとは誰も思わないでしょう。しかし,新しい建物内部にはネットワーク化された 36 映像/音声編集室を備えた最新の HD スタジオが 2 つと 4,700 テラバイトの容量を有するデジタル・アーカイブ施設があります。もちろん,このような計画にとって調査対象になるデジタル・コンソールはわずかしかありません ── そして選ばれたのはネットワーク化された 2 台の LAWO『mc²56』コンソールでした。

2 台のコンソールは事実上同一で,各々が 32-16-32 フレーム内に 48 個のフェーダーを持ち,96 DSP チャンネルを提供します。ルーターは 8,000 クロスポイントという容量を備え,最高レベルの信頼性を実現するために第 2 のリダンダントなルーター・ボードを内蔵しています。Markus Eicher 氏(Shipyard TV 社のテクニカル・ディレクター)によると「この計画に関しては LAWO 社製品に代わり得る選択肢はありませんでした」。そして結局,「コンパクトなコントロール・サーフェスに最大限の機能を提供してくれる」ので『mc²56』が選ばれました。VST プラグインの統合用の LAWO のプラグイン・サーバーもこの決断のもうひとつの重大な要因でした。

2001 年の 2 月にベルリンで設立された A-Medialynx GmbH はテレビ制作とポストプロダクションの分野で顧客たちにプロフェッショナルなソリューションを提供しています。現在,A-Medialynx GmbH はベルリン東湾にある本社で最新鋭の TV スタジオ 2 部屋と,映像と音声のポストプロダクション用のネットワーク化された 12 の編集室を運営しています。放送素材のデジタル・アーカイブ設備を持ち,ユーザー・フレンドリーなコンテンツ管理システムを備えた A-Medialynx は,顧客たちにコンテンツを安全かつ効率よく長期にわたって保管する手段を提供しています。

Die fernsehwerft(Shipyard TV)GmbH は A-Medialynx GmbH からの放送および衛星中継サービスのスピンオフ・メンバーによって新たに設立されました。ベルリン東湾の本社では Shipyard TV は現在テレビ局 10 局をサポートする最新技術の演奏所を運営し,Shipyard TV 社の衛星中継サービスは国内のみならず国外の顧客たちに様々な可搬および固定中継設備(HD 可能)を提供しています。