2008-04-12

CRI: on air worldwide with zirkons and Nova73 HD

Central control room in China equipped with Lawo systems.

迫り来る北京オリンピックの放送要件に応えるために,カバー・エリアに関しては世界トップ・クラスの放送局である中国国际广播电台(CRI)は新機材に大規模な投資を行っています:中央コントロール・ルームと個々のスタジオのコントロール・ルームは徹底的に改修されて最新技術の放送機材が備え付けられました。北京にある放送センターのラジオ・コントロール・ルームの最重要機材は信頼性の高いユーザーフレンドリーなオンエア操作を保証する LAWO 社のシステムからできあがっています。すなわち 10 台の『zirkon』ラジオ・ミキシング・コンソールと 2 台のリダンダントな『Nova73 HD』ルーターです。

CRI の意志決定者たちはコントロール・ルーム用に全部で 10 台の『zirkon』コンソール(20 フェーダーが 5 台と,12 フェーダーが 5 台)を採用しました。

2 台の LAWO『Nova73 HD』ルーターは,それぞれひとつのフレーム内で 3,000 クロスポイントという容量と 8,192 モノ・チャンネルまでの拡張可能なルーティング容量,Dolby E 互換性,クロスポイントをビデオ・フレームに合わせるためのクロック同期した切り替え,そして統合化された信号処理を誇ります。『Nova73 HD』ルーターは信頼性の高さが良く知られています。

顧客との共同作業で実現されつつあるこのプロジェクトは,中国のラジオ分野での今までの LAWO 社最大の集中コントロール・ルーム設置となるだけではなく,初めて LAWO 社のハードウェアが中国製の制御ソフトウェアと組み合わされることにもなります。このソフトウェアは時間制御された切り替えのスケジューラーと,あるコントロール・ルームが故障した場合にそのタスクが別のコントロール・ルームに割り当てし直されるというブレークダウン管理システムからできあがっています。このソフトウェアは放送自動化システム開発のリーダーであり LAWO 社の中国におけるパートナーでもある「InfoMedia」によって特にこのプロジェクト用に開発されたものですが,中国内の他の設置でも,そしてアジア全域でもすぐに使われるようになるでしょう。

共同作業で実現されたソフトウェア-ハードウェア互換性は CRI 職員の毎日の作業をかなり容易にするだけではなくシステム全体が故障する可能性を大幅に低減します。オープンなルーティング・プロトコルのおかげで,送出の任務を負う CRI の技術者たちは居心地の良い場所に居ながら,自らのニーズに誂えて作られたソフトウェアを使ってシステムの動作を監視し,必要ならば介入することもできます。

LAWO 機材はスタジオの日常作業での実践的な要求に完璧に適応しており,放送の全領域における LAWO の豊富でありながらさらに増えつつある経験の蓄積によってつねに強化されています。例えばタッチスクリーン・インターフェイス以外の『zirkon』コンソールの最も重要な機能には,自由に構成可能な制御要素やマルチレイヤー構造があり,高度のユーザーフレンドリーさやモジュラー方式があります。

中国国际广播电台について
1941 年に放送を開始した中国国际广播电台(China Radio International,CRI)は世界で最も聴取者が多く影響力のあるラジオ放送局のひとつです。今日,CRI は標準中国語と 4 つの中国語方言だけではなく 38 の外国語で番組を世界的に送り出しています。広範なプログラムには 5 大陸の 33 のコンテンツ・プロバイダーと 27 の局によって供給されている 400 以上のシリーズが含まれます。提供されている言語の数,毎日の番組の時間,受信装置の数,そして技術的洗練の点でも,CRI は世界の先進的放送局に並びます。この状況をさらに強化するために,現在 CRI は北京の放送センター用に LAWO 社の新しい機材を導入しているところです。