2007-10-25

Lawo solution at Stuttgart’s New Trade Fair Centre

Networked mc²66 consoles provide superb audio for the grand opening.

2007 年 10 月 19 日,Horst Köhler 連邦大統領の臨席を仰ぎ,新たなシュトゥットガルト・トレード・フェア・センター(Stuttgart Trade Fair Centre)── ドイツ最大の建築区域とし長く知られていました ── が 3 年の建築期間ののちに公式に開場されました。

この豪華なオープニング・セレモニーはトレード・フェア・センター内の新たな「International Congress Center Stuttgart」(ICS)で開催され,政財界の重鎮を含む 2,500 人の招待客へのスピーチの際,講演者たちはこの 8 億ユーロの展示会用複合施設をたたえました。このあと招待客たちはミュージカルの抜粋の上演や著名な参加者によるパネル・ディスカッションを楽しんだのでした。

ICS でのオープニング・パーティーは参集全員への音響的もてなしでもありましたが,この新しい複合施設に納入された『mc²66』コンソールと『Nova73 HD』ルーターによる LAWO 社のネットワーク・ソルーションによるものだったのです。音声と照明と映像制御を収容するコントロール・ルーム・ギャラリー内では,2 台の『mc²66』コンソールがステージ上の音楽の生演奏のみならず基調講演をミックスするのに使用されました。連結された 2 台の LAWO コンソールはミックスのために全部で 120 の音声チャンネルを用いました。

9,000 人以上を収容できる多機能の ICS ビルディングは柔軟なパーティション・ウォール・システムと多機能なルーム・デザインのゆえに様々な催事に対応することができます。コンベンション・ルームと展示ホールはどれも内部的に 2,700 人の訪問者を収容する追加のコンベンション・ホールとして変更可能で,それはさらに 4 つの小規模なホールへ分割可能です。

4 台の『mc²66』ミキシング・コンソールと 1 台の中央の『Nova73 HD』ルーティング・システムと 16 台の『DALLIS』I/O システムからなる LAWO 社の包括的ネットワーク・ソリューションは数ヶ月前に納期厳守で設置されました。この構成は必要とされる柔軟性を提供し,このセンターの革新的なインテリア・デザインを視覚的だけではなく聴覚的にも体験できるようにしています。4 台の『mc²66』コンソールはどれも I/O モジュールを共有していますので,間仕切りのどのような組合せにも問題なく再調整できます。

ICS 内の 2 台のコンソールは 16+16+8 フェーダーを,1 台は 16+8+8 フェーダーを,4 台めは 8+8+8 フェーダーを装備しています。各コンソールは「Machine Control」ユーザー・パネルを搭載していますが,これは外部 HD 録音システムのジョグ/シャトル・ホイールとロケート機能を含む総合的なマシン・コントロールを提供します。

2007 年の夏に部分的にオープンしており,8 月の時点で LAWO 社のネットワーク化ソリューションの設置は予定通りに完了していました。このため,10 月の公式のこけら落としよりも前にいくつかの大規模なコンベンションの音声を提供することでこのシステムの能力を証明することができました。それ以来,オーディオ・エンジニアたちはこのコンソールの優れた音質と DSP の心地よい完璧な音だけではなく,どんなプログラム素材も迅速かつ効率的に扱うことができるこのコンソールの操作設計の背後にある思想をも賞賛してきています。