2008-02-26

Going for Gold

HD OB unit for Fujian TV with Lawo mc²66.

本年最重要のスポーツ・イベントでは参加するアスリートたちには優れた成績が期待されていますが,それは必要とされる放送技術にも同様です。北京でのイベントのために,福建省最大のテレビ局「福建 TV」(Fujian TV)は新しい中継放送ユニットを発注することを決め,このユニットに LAWO『mc²66』を搭載する決断を下しました。その理由は,彼等自身の言葉によればこのコンソールが「デジタル・ミキシング・コンソールの分野での世界的なスタンダード」であるからです。

OB ユニットの建造は 2008 年 1 月 25 日に完了し,車両は間もなく納入され,その数日後,新しい『mc²66』は中国の伝統的な新年の祭りの放送に使われることで初陣を済ませました。

この『mc²66』は 40 フェーダーのフレームに 32 本のフェーダーを収容しています。HD コアを備えたこのコンソールは 144 DSP チャンネルならびに 3,000 物理入出力という容量を持つルーティング・マトリクスを提供します。さらに,『DALLIS』I/O による 3 台のステージボックス・システムもあり(1 台は社内,2 台はリモート),OB ユニットとリモートの両ステージボックスとの間の接続はリダンダントな光ファイバー・リンクを介して行われます。福建 TV のトラックは,特に Dolby 5.1 サラウンド・サウンド放送用に設計された中国の OB ユニットの新世代のひとつであるといえます。

福建 TV はこのプロジェクトの結果に大満足で,特にこの新型『mc²66』を使ったさらなる設置を計画しています。習得のし易さと優れた信頼性ゆえに,LAWO 社のミキシング・コンソールは今日の放送方法が必要とする高い水準を保証します。この共同作業によって福建 TV と LAWO 社は表彰台上のポジションを確保したともいえます。