2008-12-04

The white number 8.

Media Mobil’s new Ü8 OB truck equipped with Lawo equipment

ライプチヒを本拠とする Media Mobil 社の純白に輝く OB トラック軍団には間もなく新しいトラック “Ü8”(OB8)が加わります。MMG 社の初めての HDTV OB トラックでもあるこの新フラッグシップには LAWO 社の 最上のデジタル技術が組み込まれます。音声コントロール・ルームの 1 台の『mc²66』コンソール,そして編集室の 1 台の『z4』が制作スタッフに最上の音質を提供し,音声送出卓としてもう 1 台の『z4』も使われます。この新 OB ユニットは 2009 年 2 月 12 日に発進します。2009 年 2 月のベルリン国際映画祭(Berlinale)のオープニングとクロージングのガラ・イベントの放送に使われるのがこのユニットの初陣の予定です。

この新 OB トラックの用途を問われると,Ü8 の設計に携わった MMG のサウンド・エンジニア Torsten Streithof 氏は次のように語りました:「Ü8 の目的は思いつく限りのあらゆる用途をできる限り高い制作クオリティでカバーすることで ── 主に MDR(ドイツの有名な公共放送局)向けですが,当然,他のクライアントたちの仕事も含みます。これには,処理を必要とする多数の信号と高度のオートメーションにが重要な,コミュニケーションが集中するスポーツや選挙や大規模なショー・イベントの報道から,大規模なクラシック音楽の最高音質の放送とサウンド・コントロール・ルーム内での最良のモニタリング環境内での DVD 制作が含まれます。」

この新 OB トラックの特に革新的なところは音声ステージボックスと Telecast コンバーターとの間の光ファイバー接続です。「光ファイバーによる標準化によって,追加のビデオ・ステージボックスをセットアップ後であっても任意の外部 DALLIS ステージボックスに接続できるようになります。どの場合も,これは私たちに莫大な柔軟性を与えてくれます。また,この OB トラック内の RIEDEL 社のマトリクスを LAWO とネットワーク化させること,そしてインターカム・パネルを光ファイバーで『mc²』HD コアとリンクさせることはどちらも重要な機能です」と Streithof 氏は続けます。「また別の技術的に進んでいる点は主に LAWO と RIEDEL の間の GPIO の扱い方にあります。ここには,LAWO 社のプロジェクトマネージャーたちと Studio Berlin Adlershof(SBA)の同僚たちが彼等の Ü6 OB トラックに装備を行ったときの経験が大いに役立ちました。」この OB ユニットは音声コントロール・ルームの中心に『mc²66』を備えています。

オーディオ・コントロール・ルーム内の『mc²66』
Ü8 のオーディオ・コントロール・ルームの中枢となるコンポーネントが『mc²66』コンソールで,これはひとつの大きなフレームに 48 個のフェーダーを納めています。その HD コアは 192 AES 入出力を提供し,4 基の『DALLIS』ユニットはさらに 256 アナログ・インターフェイスを提供します。なぜ MMG は LAWO コンソールに決めたのかを訊かれると Streithof 氏は次のように応じました:「RIEDEL 社の Artist システムの統合が簡単なことやコアを幅広く制御できることが放送スタジオ・マネージャーにとっては重大な要因だったからです。」

「さらに,カメラのマイク・プリアンプの MIDI 制御のようなエレガントな解決策は私たちにとって非常に便利なことがわかりました。決定のためのもうひとつの大切な要素は『mc²66』コンソールが広く普及しており,それゆえトレーニングされた人員を大勢見つけることができるという点です。」

この非常に洗練されたプロジェクトでの LAWO の協力にご満悦な Torsten Streithof 氏は次のようにコメントしています:「LAWO 社は『mc²66』に対する私たち独自の要望に大幅な改造の可能性を示してくれ,過去の経験という力に基づいて多大なサポートを提供してくれました ── それもコンソールを売ったあとであっても。特に極めて多岐にわたるタスクへの解決策を見いださなくてはならないようなプロジェクトにとっては,この種のアフター・セールス・サポートの重要性を評価し過ぎるということはありません。」

Media Mobil について
DREFA Media Holding GmbH および Studio Berlin Adlershof GmbH の会社である Media Mobil GmbH(MMG)は屋外でのテレビおよびラジオ制作に豊富な経験を有する技術サービス会社です。最新の技術に加え,MMG は有能で経験豊富なスタッフと信頼性の高いテレビ放送サービスを提供しています。その制作にはライプチヒ・ゲヴァントハウスのコンサート・ホールでの音楽イベント,ドレスデンのゼンパー・オペラ,その他の多数の音楽イベント,TV ガラや授賞式が含まれます。そして,MDR やその他の公共および民間の制作会社や放送局向けに MMG が制作する数多くのテレビ番組には,もちろん,ウィンター・スポーツ,サッカー等の最新イベントがあります。