2009-06-30

Mobile Surround Sound.

ARD and ZDF expand their Mobile Production Unit with mc² consoles.

ドイツの公共放送 ARD と ZDF のモバイル制作ユニット(MPE)は,幅広い制作要件に応える現地コントロール・ルームを組み立てて設定できる様々な技術機材要素から出来上がっています。

2008 年に両局は MPE 用に 87 回線のリダンダント接続の『DALLIS』フレームと共に LAWO の『Nova73 HD』ルーティング・システムを 1 台購入しました。この技術的なアップグレードの理由は北京オリンピックでした。というのも両局が以前に使っていた機材は国際放送センター(IBC)内での信号分配というタスクには適さなかったからです。2009 年 6 月に 2 台の LAWO ミキシング・コンソール『mc²90』と『mc²56』が設置されてこのシステムは完成します。

両方の LAWO コンソールは「C」エリアあるいは拡張版は「CL」エリアと呼ばれるセントラル・コントロール・セクションを持つテーラーメイドの操作盤面を提供します。8-CL-8 レイアウトと 1 基の 16 フェーダー・エクステンダーを備える『mc²90』は最大コンフィギュレーションで 2 段になった 72 個のフィジカル・フェーダーと 336 の DSP チャンネルを提供します。HD コア内のリダンダント設計の MKII ルーターは 8,192 クロスポイントの容量を持ちます。『mc²56』コンソールのデザインは 16-16C レイアウトと 2 基の 16 フェーダー・エクステンダーを含みます。最大コンフィギュレーションでこのコンソールは 64 個のフェーダーと 288 の DSP チャンネルを装備します。フルリダンダントな MKII ルーター 1 基も組み込まれます。

MPE の計画には 2 台の新しい LAWO コンソールを拡張することも含まれていました。その第一の理由はカナダのバンクーバーにおける 2010 年の冬季オリンピックは完全に 5.1 サラウンド・サウンドで制作されることになっているからです。バンクーバーの IBC のメイン・コントロール・ルームは『mc²90』1 台 と 1 基のエクステンダーを備え,ウィスラーの第 2 コントロール・ルームは『mc²56』と 2 基のエクステンダーを収容し,各コンソールは HD コア(8,192 個のクロスポイントを持つ大型ルーター)を備えます。マスター・コントロール・ルームでは —— これは全会場と編集室とコントロール・ルームとの間を相互接続し,信号分配にも使われるセットアップですが ——北京で成功を収めた LAWO『Nova73 HD』が使われます。

「モバイル制作ユニットの使用は ARD と ZDF がシェアしますが,その機材は ZDF が所有し,保管・管理します。このユニットは主にオリンピックやサッカーのワールドカップや欧州選手権のような大規模なスポーツ・イベントで使用され,さらに,NATO あるいは G8 サミットのような日々のイベント報道の制作 —— 主に ARD と ZDF が共同で放送権を購入したイベントの共同制作 —— にも使われます」と,この制作ユニットの機能と用途の管理を担当する Horst Dünchem 氏(ZDF)は説明します。

Flexible and modularly extensible
「現地では制作要件に応じて例えばコンテナー内あるいはメイン・コントロール・ルーム内のモバイル制作ユニットの個々のコンポーネントを使います。モジュラー形式の MPE のアッドオン能力によって,コントロール・ルームに制作上の互換性を持たせることやコントロール・ルームと MCR のコンポーネントのネットワーク操作ができます。このシステムは信号の利点を引き出すネットワーク化も可能です。LAWO を選ぶ決断を下した大きな要素には,8,192 個のクロスポイントというルーター容量や動作中でもコンポーネントを交換できるホットプラグ能力がありました。リモート・サービスが行えることや LAWO のサービス・エンジニアたちによるオンデマンドの現地サポートも LAWO で行くことの決定にプラスに働きました。」

新 LAWO コンソールの計画と設計でも MPE のモジュラー形式と柔軟性は踏襲されました。エクステンダーを用いることでこのコンソールは要件や部屋の寸法に柔軟に適応できます。Horst Dünchem 氏は次のように語りました:「MPE の全コンポーネントは船や飛行機やコンテナ積み輸送に適するようにフライトケースに納められています。主に 19 インチ・ラック形式で作られたこのフライトケースには固定枠上にレールが取り付けられていますので,MPE は現地で自由にちょうど建築現場のキットのようにモジュラー式に拡張できます。」