2008-07-02

Outside Broadcast equips 3 TV trucks with mc²66 desks

The mobile TV studios are best suited for challenging HD and surround productions.

ベルギーの Rotselaar を本拠とするテレビ・サービス・プロバイダー「Outside Broadcast」社は 2 基のフライトケース式コントロール・ルームと 3 基のコンテナー・ユニットを所有するだけではなく,6 台の OB トラック軍団を運用しています。制作の質をさらに高めるために,2007 年の中頃,同社は 3 台の OB トラック,Unit 8,Unit 9,Unit 14 に LAWO 社の『mc²66』コンソールを搭載しました。この 3 台の卓の装備は同一で,48 フェーダーと 96 DSP チャンネルを持っています。これによってこれらのモバイル・テレビ・スタジオは高品質な HD 制作とサラウンド制作に特に適したものとなりました。

大規模イベントに適したミキシング・コンソール
Outside Broadcast は英国,ドイツ,フランスにおいてオーディオ・コントロール・ルームに装備するのは何が一番かを調査した結果,LAWO コンソールに対する高評価には反駁のしようがないことが分かりました:その高い技術水準,インターフェイスの設計,操作理念,そして特に中継車両にとって最重要な要素 ── コンパクトさです。

最先端の LAWO コンソールを搭載してから 3 台の OB トラックは数多くの大イベントに使用されています:Unit 9 については Glastonbury Festival[英国],The Last Night of the Proms(HD + 5.1 サラウンド・サウンド ─ 英国内の 4 都市からのサラウンド・フィードのある技術的難度の高い制作),アテネでの Champions League Final 2007 があります。Unit 8 はベルギー国内のサッカー・リーグ,ツール・ド・フランス(米国のスポーツ・チャンネル向け),Knebworth[英国]での Robbie Williams ショー(生放送と DVD 用収録),ローマでの MTV European Music Awards の放送に用いられました。一方,Unit 14 はとりわけ National Eurovision Song Festival(予選ラウンド)やブリュッセルでの Queen Elizabeth Classic での音声調整に使われています。

モバイル TV スタジオ Unit 9 および Unit 14 には北京オリンピックで制作の山場が待っています。Unit 9 は卓球競技の放送を担当します。難しい仕事です。4 つの卓球台を同時に使って競技は進行されますので,以下のような方策が考案されました:

一緒に現地に行く OB トラック Unit 14 は射撃競技の放送(音声と映像)に使われる予定です。

Outside Broadcast 社の特別な OB トラック運用方法
フェーダー・グループの ISO(アイソレーション)機能を利用して,ひとつのコンソール上で 2 人のサウンド・エンジニアが互いに独立して作業できます。同時に,各サウンド・エンジニアは自分自身のチャンネルに関連する EQ,DYN,AUX および MISC ページに自由にアクセスできます。さらに便利なことに,ISO チャンネルのそれぞれを独立した PFL バス上で利用できますので,本当に独立したやり方での作業が可能になっています。

機能割り当て式のフリー・コントロールは効率を上げるためのもうひとつの多大なる支援であり,この卓を特定の用途に完璧に合わせことを可能にします:フリー・コントロールの機能の割り当てによって,任意の制御要素に可能な限り迅速なアクセスを提供できます。さらにまた,音声ルーティングはコンソール自身の HD コアによって行われて卓のディスプレイに表示されます。これによってひとめ見るだけで各信号経路の詳細が把握できますのでコンフィギュレーション作業の人間工学的な効率の良さがかなり高まります。

『mc²66』の顧客にとって最も重要な利点
顧客にとっての一番の利点は卓の信頼性であり,それはシステムの安定度にも重要です。さらに,すでにわずかな故障のリスクは様々なセーフガード(特にリダンダント電源,リダンダントなルーティング・カードと MADI ポート)の導入によって回避されます。この卓の人間工学的効率の良さ ── こでは入念に考え抜かれたデザインの産物です ── のおかげで,フリーランサーたちも使い方をすぐに見つけ出しています。サウンド・エンジニアたちは技術的な面に煩わされることなく自分たちの本当の仕事に注意を集中できます。もうひとつ重要なのはシステムの拡張しやすさです:『mc²66』は最大規模の制作の要求に応えるのに必要な I/O および DSP カードをいつでも追加できますので,考え得るあらゆる状況に対応できます。

Outside Broadcast 社について
1989 年に Rotselaar で創立された Outside Broadcast 社は当初,多数のカメラを用いた OB 制作に専念していましたが,娯楽番組や音楽番組やベルギー国内でのサッカーの試合に適した車両の一団を速やかに作り上げました。1998 年以来,Outside Broadcast は第一級のテレビ・サービス・プロバイダーとしての評価を集め,現在では最新技術と選りすぐりの機材を誇る中継車両を多数所有し,ヨーロッパ全土で活躍しています。