2010-09-07

Pulsar TV goes mobile with Argentina’s first Lawo console

Datamix_web.jpg

mc²56 debuts on women’s hockey World Cup.

ブエノスアイレスの Pulsar TV が新しい HD/3D OB 車両に『mc²56』を選び,アルゼンチンでの LAWO デジタル・オーディオ・コンソールの最初の車載ユーザーとなりました。この車は今月デビューします。

この国最初の HD +3G + 3D 放送のモバイル・ユニット,Móvil Freedom は放送マーケットへのオーディオビジュアル・サービスの専門サプライヤー Pulsar Televisión にとって 600 万ドルの投資ですが,アルゼンチンから初めて HD で放送を行うことになります。

この長さ 14.5 メートルの伸張式車両は音声,映像及び編集装備を搭載します。音声コントロール・エリアの中心となるのは 48 フェーダーの LAWO『mc²56』で,これは最大 512 DSP チャンネルと最高 8,192 個のクロスポイントのルーティング容量を提供します。この他『DALLIS』インターフェイス・システム 1 つと 2 台の LAWO ステージボックスがあります。

Pulsar Televisión のエンジニアたちは光ファイバー式のステージボックス・システムについて調査するために NAB ショー を訪れて初めて LAWO に出会いました。選択の基準となるものにはこの他に,コンソールに対する要求として,モノからフル 7.1 サラウンドまでのあらゆるフォーマットでの音声制作を高度のリダンダンシー・デザインで行えること,というものがありました。

LAWO の新たに任命された代理店 Viditec から納入された全システムは新築されたロザリオ・ホッケー・スタジアムで行われる 2010 年女子ホッケー・ワールドカップに間に合うように準備を完了しています。アルゼンチンの大人気女子チーム「Las Leonas」と南アフリカとの間の試合が最初のライブ HD 放送として選ばれました。このトーナメントはヨーロッパでは SD 16:9 で放映されますが「Las Leonas」が戦う試合は地域的に HD で放送されます。自局の最初のライブ番組にこの新しい『mc²56』を使う Pulsar 社のサウンド・エンジニア Claudio Boubeta 氏は「perfect」という一言で意見を表明し,満面の笑みを浮かべます。

「以前は LAWO ブランドは伝説的な感じで少し近寄りがたいと見られていました」と Pulsar Televisión の Katy Pampin 氏は説明します。「しかしウチのエンジニアたちはアルゼンチンで沢山の新しいブランドを率先してきました。エンジニアたちは Freedom HD ユニット,特に音声設備用に選んだ数多くの技術でここの市場を驚かせ,そして自分たちの知識を他の放送のプロたちと共有することを大いに誇りに思っています。」

HD コンテンツを生放送する能力を有する Freedom OB は音楽の演奏会からスポーツやその他のイベントまであらゆる種類の放送制作を扱うことが期待されています。「Freedom はアルゼンチンが全世界的な発展のパイオニアとなることができ最新の技術と共に先端を行くことができることの明確な例です」と Pulsar 社の Gonzalo Pampin 氏は語ります。「この機材をアルゼンチンで最初に手にしたことを誇りに思い,この運用開始は世界中のテレビ局の主要プレーヤーの中にアルゼンチンを置くことに役立つと確信しています。」