2009-11-06

Arabian Nights.

Record Lab records Armenian KOHAR Symphony Orchestra in Syria.

ドイツのケルンに本拠を置く Record Lab 社のマンハイムっ子 Thomas Godoj,Sasha Maffay,Peter Maffay の 3 氏は,大規模放送及びライブ・レコーディング・プロジェクトをいくつもこなしてきました。最近,彼等はドイツの公共放送局 ZDF 向けにカトリック教会の式典の放送を手がけました。しかし,同社にとって今年の最も大規模かつ運送面で難しい制作の 1 つがアルメニアの KOHAR 交響楽団のシリアでのコンサート・ツアーでした。この仕事では Record Lab 社の「Mobile One」トラック内と「nobeo 1」OB バン内の LAWO『mc²66』コンソールが使われました。

Record Lab 社はこのプロジェクト全体(音声,ビデオおよび DVD 制作を含む)の総合技術サービス・プロバイダーとして契約しました。サービス・プロバイダー Nobeo TV 社から nobeo 1 OB バンと機材トラック 1 台がレンタルされ,Record Lab 社は自社のモバイル・レコーディング・スタジオを Mobile One というかたちで提供しました。制作管理を担当した Record Lab 社の Markus Maschke 氏は 2005 年にイスタンブールで KOHAR オーケストラのミキシングを行ったことがありました。同氏はハンブルグの Pinguin engineering service 社の Ralph Kessler 氏と共に今年の録音のポストプロダクションも行います。Ralf Kerkeling 氏は Record Lab 社でこのプロジェクトを担当する技術制作マネージャーでした。

運送と制作
テレビ及び録音機材は 3 台の車両に納めて現場に運ばれました。ダマスカスのオペラハウスでのセットアップでは Record Lab には運搬に関する問題はありませんでしたが,アレッポでは状況は少し違いました。現場が濠に囲まれたアレッポの城砦だったからです。車両は城砦に近づくことが許されていません。機材は壁まで滑車でつり上げる必要があり,そこからはラバの背で極めて狭い小道を運ばれなくてはなりませんでした。

SR は Ralph Kessler 氏によって計画され,音響と照明の専門家 Frank Golchert 氏の協力を得て実現されました。112 チャンネルが必要なのに,この仕事に指定されたコンソールは(FOH とモニター)48 チャンネルしか備えていなかったので,Record Lab はアドバイザー役を演じました。21 個のサブミックスは Mobile One 内の LAWO『mc²66』で整えられて,MADI リンクを介してデジタルで個別に FOH 及びモニター・フィードへ返される必要がありました。「Mobile One 内の LAWO コンソールはスナップショットが使えますので,トラックを多数使っているときでも仕事がずっと楽になります。同じことは信号のルーティングについても言えます──ひと目でたくさんのことを見て取れますので,必要が生じたら即座に反応できます」と Ralf Kerkeling 氏は説明します。Mobile One 内の『mc²66』はフル装備のチャンネル・ストリップを 48 本と機能を減らしたチャンネル・ストリップを 8 本を備え,各チャンネルにデジタル EQ,フィルター,リミッター,コンプレッサー,エクスパンダー,ゲート,ディレイを搭載しています。必要に応じて 96 入力は 48 個のグループやサムに分かれた 376 入力に拡張できます。

Record Lab のためにカメラマンや技術スタッフやケーブル・ハンドリング担当者たちを含む 30 人のプロたちが制作を行い,この KOHAR ツアーにはスタッフとオーケストラからなる約 250 人が関わりました。演奏会はすべてチケット完売で,ダマスカスでは 1,800 人が訪れ,アレッポでは聴衆の数はほぼ 3,500 に及びました。「基本構造のおかげで,このコンソールはサブミックスや広範なパラメーターやチャンネルの個別レイヤーへの素早いアクセスが可能です。シリアではライブ・ミックスも同時に作業していましたから,私たちにとってこのことが一番重要でした」と,このような過酷な制作における『mc²66』の長所を要約して Markus Maschke 氏は話しを終えました。

Record Lab について
ケルンに本拠を置く Record Lab は多くを手がけるサービス会社で,Mobile One を用いてのライブ・レコーディング以外に次のような分野の施設を提供しています:放送(エンターテイメント,音楽,スポーツ),音楽制作,音声ポストプロダクション,大規模イベント向け音声技術コンサルティングと技術サポート。Record Lab の経験を積んだチームは質の高さに重点を置いており,モバイル・スタジオと固定音声スタジオから得られる相乗効果を複雑な制作の十全なサポートに活用しています。