2011-09-05

HD broadcasts from 2011 Rugby World Cup matched by Lawo surround sound.

Ruawai_Rakenna_OSB_Rugby_web.jpg

New Zealand’s leading audio facilities provider OSB puts all-Lawo solution on the road.

ニュージーランドで開かれる最大のスポーツ・イベント 2011 年ラグビー・ワールドカップは 9 月 9 日にオークランドのエデン・パークでのニュージーランド対トンガ戦でスタートし,全部で 48 の試合すべてが Sky Network TV によって 5.1 サラウンド・サウンドの HD で放送されることになっています。そして音声施設会社 OSB は自社の OB 活動の全般にわたって LAWO デジタル・ミキシング・コンソールで標準化を行いました。

オークランドに本拠を置く On Site Broadcasting(OSB)はこの 3〜4 年を使って新しい HD 車両を発注してそれに LAWO『mc²66』ミキシング・コンソールを搭載させたりして,この権威ある競技大会に備えてきました。「ラグビー・ワールドカップまでかなりの準備期間がありました」と OSB の創業者 Ray Standidge 氏は言います。「通常私たちは 1 年に約 175 回のラグビーの試合を放送します。今年はニュージーランドとオーストラリアと南アフリカのチーム間の Super 15 シーズンがあり,毎週 14 試合を行った ITM カップがありました。」

4 台の HD 車両からなる OSB の OB バン軍団と,やはり LAWO コンソールを備えた 2 個のフライトケース入りユニットがラグビー・ワールドカップのためにニュージーランド北部のファンガレイから南部のインバーカーギルにいたる 12 箇所をカバーします。「どれも重要な試合ですし,私たちは慣れているとはいえ,この 8 週の試合はたくさんのバックアップを必要とするでしょうね」,と Standidge 氏。

OSB の車両はどれもスタンドアローンの音声及び映像放送ユニットとして設計されています。最大 276 入力,48 サブグループ,32 AUX センド,96 トラック・バスといった技術スペックを持つ『mc²66』コンソールは何百もの異なるコンフィギュレーションにできますが,ここの卓はそうしません。「ウチの音声施設はどこも同じに,各コンソールが同一のコンフィギュレーションを持つようにしたかったんです。そうすればオペレーターたちは抵抗なく施設間を行き来できますから。」

「音声ネットワーク全体は 1 本の光ファイバー・ケーブルで伝送されます」,とニュージーランドの LAWO ディストリビューター PROTEL 社の Rene Bullinga 氏は説明し,リダンダンシーに対する LAWO システムの優れた備えが OSB の選択に決定的な影響を与えたとも指摘します。「OSB は各モバイル・ユニットに同じスペックのものを使うことのうまみを得るでしょうね。フライトケース・キットは『mc²56』コンソールを使っていますが,ずっとコンパクトでそれゆえスペースが貴重な状況ではより柔軟に設置できます。これらのユニットはどれもコアと I/O と『DALLIS』の同じ組み合わせを使っています。」

通常,OSB のコンフィギュレーションは『mc²66』(または『mc²56』)コンソールとルーター,それに OB バン内のマシンや EVS の再生ユニットにアクセスするための 2 基の『DALLIS』ユニットです。フィールドではもう 1 台の『DALLIS』ステージボックスが使われ,コメンタリーのフィードとインターカム・リターンを扱うために第 4 のユニットがコメンタリー・ブース内に配置されます。

OSB の OB バンは VSM Control を管理システムとして使っており,LAWO 機材との直接的なインターフェイスが可能という利点があります。「システムに高い柔軟性が得られてあるセットアップやオペレーターから別のものへの極めて迅速な変更が可能になるだけではなく,映像用のルーター上で音声レイヤーを持つ必要もなくなります」と Bullinga 氏は語ります。

「このワールドカップの音声はすべて LAWO です」と OSB の Ray Standidge 氏はきっぱりと言います。「ウチの連中はここ数年 LAWO 製品を使ってきており,LAWO の技術とサポートのレベルには高い信頼を置いています。放送されるイベントの重要さゆえに PROTEL は重要なスペアパーツはここニュージーランドで保管していますし,このシステムが優れた音とお伝えできること,そして信頼性の面でも安心できることには疑いを持っていません。」