2009-06-19

SABC chooses Lawo for four new OB Vans.

New SABC trucks also to cover 2010 World Cup.

南アフリカ放送協会(SABC)は 2010 FIFA ワールドカップやその他の名高いイベントのために発注した 4 台の新たな OB 車両の第一陣を受け取りました。4 台の OB バンはどれも同一の LAWO『mc²56』デジタル・オーディオ・コンソールを搭載しています。

最初の 2 台はインテグレーター Sony によって納車されており,SABC のためのプレミア・サッカー・リーグの放送と他の国々でのステレオ放送に即座に運用されました。これらのイベントは 2009 FIFA コンフェデレーション・カップにとっての恰好のウォームアップでしたが,コンフェデカップは SABC と FIFA によって任命されたホスト放送局 Host Broadcast Services(HBS)に 2010 ワールドカップに先だって試験用のリハーサルの機会を提供することになりました。

4 年毎の「コンフェデカップ」のトーナメントは 6 月 14 日〜 28 日に行われ,ブラジル,イタリア,スペイン,米国,エジプト,南アフリカ,イラク,ニュージーランドの各国の代表チームが南アフリカの 4 つの都市での試合に集まります。これらの国々すべての放送局は音声とビデオのフィードを南アフリカのホスト放送局から受けますので,HBS は技術的に少しでも不確実なところがあるというリスクは冒せません。

SABC の OB ユニットの技術責任者 Mervin Buthelezi 氏は OB バンの音声部分に LAWO を選んだことの主な理由の 1 つとして信頼性を強調しました。「ここのサウンド・エンジニアたちによる評価・調査・テストを終えて,私たちは全員 LAWO『mc²56』は私たちが求めているパワーと柔軟性と信頼性とリダンダンシーを備えていると感じました。またこのコンソールは Virtual Studio Manager と完璧に一体化されます。」

2010 年の年頭にある SA Athletics Tour を含む多忙なスポーツ・シーズンに,SABC は新しい OB バン 4 台すべてを使用します。同一の仕様を持つこの 30 トン車両のそれぞれには 18 台のカメラが装備されていて,3 台のスーパースロー HD カメラを含む 24 台の HD カメラ用の配線が行われています。内部は 4 つのメイン・エリア──Production,Sound,Video Tape Area(VT),Vision Control──に区分けされています。

サウンド・エリアは Lawo『mc²56』コンソールを 1 台備えており,このコンソールは 32-16-16 コンフィギュレーションで 64 フェーダーのステレオのプログラマブル・コントロール・サーフェスを搭載しています。各チャンネルは処理機能を完備しており,HD コアは 128 の AES 入力及び 128 の AES 出力を提供します。1 台の LAWO『DALLIS』フレームが他の全 AES 及びアナログ入出力を提供します:この HD コアのルーティング容量は 8,192 個のクロスポイントです。追加の一般的仕様には Glensound のコメンタリー・ステーションが 3 台,5.1 サラウンド・モニタリング,Dolby-E エンコーディング/デエンコーディング,Pyramix のオーディオ・ワークステーション 1 台が含まれます。コミュニケーションはオーディオ・ルーターに完璧に接続された RIEDEL Artist 144 × 144 トークバック・システムを介します。

オーディオに関しては,コンフェデカップは,ミキサーを一緒にしかし別々に操作する 2 人のサウンド・エンジニアによってのみ達成されうるような異なるミックス出力を必要としています:この方法は 2010 年 2 月の SA Athletics Tour でも使われることになっていて,このような多機能性は LAWO『mc²56』コンソールの大きな強さの 1 つです。

多くの国際的な放送局が HBS からフィードを受けますので(例えば BBC はコンフェデカップの試合の生中継に自局の解説を追加します),モノ,ステレオ,サラウンドなど色々な支給方法が要求されます。音声的な遠近感を選択されたビデオにマッチさせたいという要求もあります。例えば,ピッチの片側からのカメラ・アングルがピッチのもう片側からの同じようなアングルに切り替わる場合です。ヘリコプターや飛行船からの空撮もユニークな音のパースペクティブになるでしょう。Lawo『mc²56』コンソールは異なるサブミックスを 128 個までのイベントに割り当てることができる Audio-follows-Video 機能を提供します。

多様なパンニング特性と複数の音声出力フォーマットを備える『mc²56』は今回のような威圧的な作業も比較的シンプルな過程にしてくれます。リダンダントな電源ユニットと DSP ボードとルーター・ボードを備え,『mc²56』は生中継用 OB ミキシング・コンソールとしてできる限りフェイルセーフに出来上がっています。