2012-05-23

Sydney’s 2GLF-FM rebuild with Lawo technology.

2GLF_FM_Studio_1_Tim_Miller_WEB.jpg

Australian Lawo Partner PAT configured, commissioned and delivered Lawo system.

先頃,シドニー郊外のリバプールのコミュニティ放送局 2GLF-FM は古いスタジオからリバプールは Bigge Street 161 番地の新しい専用施設に移転しました。様々な放送技術を評価したのち,2GLF の技術委員会は LAWO 社の『crystal』テクノロジーを採用しました。

Professional Audio Technology Pty Ltd(PAT)の技術スペシャリスト Alan Liddelow 氏は取られた技術的なアプローチについて説明します:「大半の小規模放送局の場合に当てはまりますが,技術的な要求と予算的な制約との間にはしばしば何らかの妥協があるものです。しかし,2GLF-FM はあの局の新しいシステムで完璧なバランスを見いだしたと私たちは信じています。私たちは『crystal』スタジオ・フレームと共に 12 フェーダーの『crystal』コンソール 2 台を納入し,メイン・コントロール・ルーム内で 1 台のスタンドアローンの『crystal』フレームをメインのルーターとして用いました。」2GLF の新しいスタジオ施設は受付とオフィス以外に真新しい専用のオンエア・スタジオを 2 つとマスター・コントロール・ルーム 1 つを収容します。さらに今年後半には制作スタジオを作る計画もあります。

新技術のインストールに親身になって取り組んできた 2GLF の Tim Miller 氏は LAWO を採用するというこの局の判断に満足しています:「完全にアナログの設備からデジタルのものに移行するのは大きな変化でした。全体的に見て私たちは LAWO 機材と Professional Audio Technology から受けたサービスには大満足です。」

ますます多くの小規模な局やコミュニティ放送局が LAWO 社のエントリー・レベルのコンソールは自らの予算内にあり,技術的な柔軟性と洗練された操作性と優れたドイツ製の品質を提供してくれることに気がつき始めました。Professional Audio Technology のマーケティング・ディレクター Patrick Salloch 氏は 2GLF-FM の新スタジオに感銘を受けています:「小さな放送局が成功しているのを見るのはいつも楽しいものです。2GLF-FM の新スタジオはコミュニティ放送局として非常に素晴らしいもので,LAWO と PAT がこの成功例に参加できて嬉しいです。この先何年も 2GLF-FM とご一緒できるのを楽しみにしていますし,まずは素晴らしい新施設にお祝い申し上げます。」