2010-02-25

First Lawo mc²66 installation in East China

Zhejiang Radio and TV Group Concert Hall acquires HDTV production capability.

中国浙江省の省都,杭州にある人気のコンサート・ホールがそのオーナー浙江广播電視集団による大規模な改修工事を終えて新たな独自性を得ました。1990 年代に音楽ホールとして建てられたこの施設は,中国東部で最初の LAWO『mc²66』デジタル・オーディオ・コンソールを設置することで,多用途劇場及び HDTV 制作能力を備えたテレビ・スタジオへと転身しました。

コンテンツを制作し,ハイテクを活用する能力に長けた浙江广播電視集団は数多くの大規模生放送制作を行ってきていますが,大規模テレビ・スタジオ施設が不足するために自らの浙江コンサート・ホールを改修する必要に迫られたのです。

メイン・コントラクターの New Digital Technology Ltd(NDT)は 144 DSP チャンネルを持つ 40 フェーダーの LAWO『mc²66』コンソールをインストールして 1 箇月にわたる統合プロジェクトを完了させました。このコンソールは FOH での SR 関連の役割と放送出力の両方を扱います。外部に駐車した 1 台の OB バンのサポートを得ればこのコンサート・ホールは 10+2 チャンネルの HDTV 制作を扱うことができ,劇やライブ音楽や軽いエンターテインメント番組や中国の新年や建国記念日のようなお祝い行事に際してはどの TV 局にとっても必須である夜会番組に使われることになっています。

この 24-8-24 フレームの『mc²66』コンソールは高い信頼性と包括的なリダンダンシー,そして制作中にプログラム素材を確保する『mxGUI』を評価されて選ばれました。ライブ環境でのこのコンソールの能力も説得力のあるもので,ライブ録音にこのホールを使った中国で最も人気のあるボーイ・バンド Fahrenheit のファン・ミーティングにおいて最初の試験に合格しています。Coca-Cola™ の協賛を得て,このバンドは 1,000 人のファンに向けて生演奏を披露し,LAWO コンソールはレコーディング・コンソールとして,そして FOH 卓としてその本領を発揮しました。

大規模な試験プロジェクトとして《I wanna make records》という歌唱コンテストがありました。中国ではこのようなコンテストは人気で,3 万人以上がエントリーし,8 人の中国のトップ音楽プロデューサーが審査員となるこの番組は飛び抜けて高い視聴率をマークしました。

制作中,この『mc²66』は客席内の仕切られた区画内に置かれ,舞台近くに置かれた 48 入力を持つステージボックス 1 個が 10 本のワイヤレス・マイクと 3 本の審査員用マイクと 2 本のアンビエント・マイク,そしてバンド音声を扱います。

浙江ホールの音声監督は Lai Li 氏です。同氏は放送に深く携わった北京オリンピックで LAWO を初めて体験し(『mc²66』コンソールをバドミントンと野球での作業で),このコンソールの簡単で柔軟な操作,そしてクリアで無色透明な音質を賞賛しています。浙江テレビの同僚エンジニアたちもコンサート・ホールでのこのコンソールの最初の結果に満足しています:彼らは『mc²66』の安定性に納得していて,自分たちの作業が将来楽になることを確信しています。

Bai Shi 氏(LAWO の中国代理人)は浙江テレビが『mc』シリーズ(中国東部で最初の導入)を選択したことの重要性を強調します。「中国のこの地域は上海や南京,杭州,蘇州のような大きな都市があって非常に開発が進んでいますので,これは LAWO にとって極めて重要な信用照会的プロジェクトであり,この地域の大規模な放送プロジェクトにも影響力を持ってくれることを期待しております。」