Audio Production Consoles

mc²66 Audio Mixing Console — Inspired by your needs.


Slideshow Image 1
Slideshow Image 2
Slideshow Image 3
Slideshow Image 4
Slideshow Image 5
Slideshow Image 6
Slideshow Image 7
Slideshow Image 8
Slideshow Image 9
Slideshow Image 10

Gets your job done.

難しい状況に挑まなくてはならず,そしてあなた自身の作業に周りの注意が集まっているとき,LAWO『mc²66』が理想的なソリューションとなります──何よりも,これはユーザーのニーズに合わせて作られたツールだからです。『mc²66』の速度と柔軟性とセキュリティにおける最高水準の性能だけではなく,革命的とも言えるユーザー支援機能が『mc²66』を世界中でリファレンスとしています.。

RAVENNA によってミキシング・コンソールは IP を扱えるようになりました:RAVENNA スロットイン・カードについて詳しくは【こちら】をお読みください。

パワー満載にして高精度──『mc²66』の特長

『mc²66』はどんなタスクでもユーザーを確実にサポートする高度なプロ用ツールです。888 の DSP チャンネルと 144 のサミング・バスが最大限のパワーを保証し,最高級の信号処理が最高度の精度を確保します。ではスピードが要求されるときはどうでしょう? 重大なライブ状況でも迅速で確実な介入操作が可能な「デスティネーションでのアサイン」という新開発の操作原理によって確信を持って『mc²66』を操作できます。

8,192 個のクロスポイントを持ち,リダンダントな割り当てが可能な MKII ルーターは操作用の内蔵制御システムと共に可能な限り高い信頼性を提供します。

ラウドネス・メーターリングを内蔵
ラウドネス規格が合意されて「ラウドネス戦争」は終息しました。LAWO はすでに関連規格を搭載しており,全『mc²』コンソールは EBU/R128 および ATSC/A85 要件に完全に適合したラウドネス・メーターリングを内蔵しています──LAWO が世界初です。
ラウドネス・メーターリングについて詳しくは【こちら】をお読みください。

その他の特長

mc²66 仕様

  • フレーム・サイズ:16+8 フェーダーから 96+16 フェーダーまで
  • 8,16,24 フェーダーを備えた個別フレーム
  • それぞれがレイヤーを2つ持つ6つのバンク
  • 100 mm フェーダー+機能割り当て式ロータリー・コントロール×4+入力ゲイン・コントローラー
  • フェーダー毎のチャンネル表示(タッチ・センス選択付き)
  • モノ/ステレオ/7.1 の TFT メーター表示(バス割り当て,ダイナミクス用ゲイン・リダクション,AfV ステータス,VCA 割り当て,サラウンド・マスター割り当てを含む)
  • GUI ページの外部表示(例:メーター表示)
  • フェーダーのカラーコーディング(スナップショットを介して設定可能)
  • フェーダーのノッチおよび PFL オーバープレス
  • 9個のユーザー・ボタン
  • オプション:3面までのユーザー・パネル組み込み(マシン・コントロール,劇場用機能,オートメーション,40/80 ボタン),トークバック,台本用トレー,PPM 搭載,19" ラック組み込み(2RU)
  • エクストラ・フェーダー・オプション:追加8フェーダー,セントラル・コントロール・セクション内の Short-Control Fader Panel,専用 Reveal 機能エリア
  • 888 チャンネルおよび 144 サミング・バス,40 ビット浮動小数点
  • 最大 760 入力(A/B 入力切替付き),64 サブグループ,32 AUX センド,96 トラック・バス,48 メイン・サム
  • モノ/ステレオ/サラウンドへのチャンネルおよびバスの即時切替
  • 最大 96 サラウンド・チャンネル,128 VCA グループ(メーター表示付き),256 GPC チャンネル
  • サラウンド・フォーマット:DTS/Dolby® Digital 5.1,Dolby® Pro Logic 4.0,DTS ES/Dolby® EX 6.1,SDDS 7.1,DTS-HD 7.1.多様なパンニング特性,サラウンド AUX バス
  • ラウドネス・メーターリング:『mc²』ミキシング・コンソールに完全統合.下記参照
  • 「AMBIT」:ステレオ信号を 5.1 サラウンド・サウンドへ変換
  • AFL×2:サラウンド8チャンネル×1,ステレオ×1
  • PFL(ステレオ)×2
  • Audio-follow-Video:128 個のイベント,「RemoteMNOPL」プロトコル,GPI またはマトリクス接続を介する制御,最長 10 秒のフェード時間を有する可変エンベロープ
  • Solo-In-Place
  • 固定入力メータリング地点:フェーダー内.可変メータリング地点:INPUT,PF,AF,DIROUT(チャンネル・ディスプレイ内)
  • モジュール:INMIX(MS デコーダー搭載),デジタル・アンプ,2バンド・フルパラメトリック・フィルター,4バンド・フルパラメトリックEQ,2バンド・フルパラメトリック・サイドチェーン・フィルター,インサート,ディレイ(最長 1,800 ms.単位切替可能:メートル/ミリ秒/フレーム),4独立ダイナミクス(Expander/Gate/Compressor/Limiter),イメージ,メーター,ダイレクト・アウト
  • インライン・コンフィギュレーション(チャンネル毎またはグローバルなセンド/リターン切替機能付き)
  • フル装備のサラウンド・チャンネル(全チャンネル・パラメーターの連結および「HyperPan」機能付き)
  • 従来のチャンネル・レイテンシーを有する「AMBIT」アップミックス.各サラウンド・チャンネルで利用可能
  • EBU R128 および ATSC/A85 適合のラウドネス・メータリング.サラウンド/ステレオ/モノの各チャンネルで使用可能,各サムおよびグループ用の平均メータリング
  • 最大 8,192 個のクロスポイント(ノンブロッキング方式)
  • 96 kHz,24 ビット
  • フルリダンダントな信号経路
  • 全入出力のレベル調整
  • 最大 7.1 からステレオまでのダウンサイジング
  • 離れた場所(例:ディレクター・ルーム)用のモニタリング装置の統合
  • 最大 14 台の『Nova73 HD』/『Nova73 Compact』のネットワーク化,ソースとデスティネーションの共有と取り込み,スタジオへの介入機能
  • マトリクスや DSP サイズとは無関係なスナップショットとプロダクションの可搬性
  • 各入力および出力のレベル・コントロール
  • ITU-R BS.1770 適合のラウドネス・メーターリングを完全統合
  • EBU R128 や ATSC A/85 のような国際的な勧告に適合
  • 国際的な勧告をプリセットとして保存.いつでも適用可能
  • どのチャンネル・ストリップ内でも利用可能
  • チャンネル毎に異なる視覚表示を定義可能:
    • 古典的なピーク・メーター
    • ラウドネス・メーター
    • ピーク・メーターとラウドネス・メーターの組み合わせで ITU-R BS.1770 に適合したトゥルー・ピークとラウドネスを表示
  • 全サミング・チャンネルでのロングターム測定
  • GUI のヘッダー内に測定値を常時表示
  • スケールと測定値の絶対及び相対的視覚化
  • EBU +9,EBU +18,ITU-R BS.1771 の各スケール
  • ITU-R BS.1770 適合のトゥルー・ピーク・メータリングがトゥルー・ピーク値を表示
  • モメンタリー(400 ms)およびショートターム(3 s)タイムスロットを全入力およびサミング・チャンネルに個別に定義可能
  • 将来の規格用に追加 LFE 測定と選択式ゲート設定を準備
  • VST プラグインの統合(プラグイン・パラメーターをスナップショットとプロダクション・データに保存)
  • スナップショット・オートメーション,トリムとフェードを伴う複数のシーケンス
  • TC ベースの動的なオートメーション,パラメーターによる記録,チャンネル内のバス割り当てを含む全モジュールの記録,停止モード時のデータ書き込み,タッチ,グライド,ジョイン,パンチ・イン/アウト
  • 「見てポン」モードを含むトリム
  • タイムコードのカット編集(コピー,ペースト,デリート,カット,インサート等)
  • 最大 128 dB ダイナミック・レンジの MIC/LINE.サブソニック・フィルター 40,80,140 Hz
  • LINE OUT
  • ADAT®(ADAT 7.1 は Alesis, LLC の登録商標で,ここでは許諾を得て使用しています)
  • AES(入出力 SRC 搭載),トランスペアレントな Dolby® E ルーティング,バランスおよびアンバランス
  • 3G SDI(最大 270 ms のオンボード・ディレイ),MADI 64 & 56(光/同軸),ATM,GPIO,Serial,MIDI,RAVENNA AoIP
  • ダイレクトなインターカム接続
  • 全インターフェイスは 24 ビット 96 kHz(詳細は『DALLIS』製品情報を参照)
  • ステレオおよびサラウンド用のモニタリング・システム
  • リダンダント入力×2(ブラックバースト,ワードクロック,AES3,MADI の自動検出付き)
  • 電源ユニット,DSP ボード,ルーター・ボード
  • フルリダンダントな信号経路
  • 動作中に交換可能なリダンダント制御システム,データのフルリダンダンシー
  • 制御システムおよびコントロール・サーフェス用の電源ユニット
  • ベイ・アイソレーション(独立レイヤー/バンク切替および第2 PFL/AFL バス機能付き)
  • グローバルな A/B 入力切替
  • 強化されたミックス・マイナス制御(独立オフエア・カンファレンス付き)
  • フェーダーによるダイレクト・アウトのミュート
  • ミックス・マイナスのセルフ・モニタリング
  • IT(IS)サミング
  • 全レベル・パラメーターのフェーダー制御
  • 多様なタリー・モードおよびフェーダー・スタート・モード
  • プログラム・スイッチ
  • マシン・コントロール
  • Audio-follow-Video(最大 128 個のカメラ・タリー)
  • イーサネットまたは GPI による制御
  • 種々のトークバック統合
  • GPI または電圧制御によるカメラ・マイクのリモート・コントロール
  • TFT から外部コンピューターへのリモート・デスクトップ・アクセス
  • ネットワークを介する全ルーティング・パラメーターのリモート・コントロール
  • 遠隔地のモニタリング・ユニットのリモート・コントロール
  • 内蔵マトリクス・モニタリング・ユニットのリモート制御
  • SDI,サイレンス検出,マイク・ゲイン等のような信号パラメーターのリモート制御(詳しくは「Remote MNOPL」プロトコルの資料をご覧ください)
  • 「AdminHD」によるオンライン・コンフィギュレーション.『Nova73 HD』/『Nova73 Compact』のコンポーネントのグラフィカルなコンフィギュレーション
  • 外部マトリクス・コントローラー:『VSM』,BFE,Evertz,Miranda,Sony 等
  • iPhone App
  • インターネット・ソフトウェアを介したリモート接続
  • リモート・ソフトウェアによるアップデート,エラー診断
  • 「mxGUI」:ノート PC からのコンソールのリモート制御

仕様は予告なく変更されることがあります。