Ruby 概説  仕様

Ruby Control Surface

        

サーフェス

  • 4,8,12,16フェーダーのフレーム・サイズのデスクトップまたはフラッシュマウントのバージョン。マルチユーザーのスタジオでの局所的コントロール配置を行うためのスタンドアローンの 4 および 8 フェーダーのエクステンダーとマスター・コントロール・エクステンダー
  • 最大 60 フェーダーのシステムを構築するために複数フレームを組み合わせ可能
  • シングル・フレームまたはスプリット・フレームの構成
  • 電動式 100 mm フェーダー,設定済みのレベルを瞬時に無効にできるタッチセンス式
  • オンエア+制作モードとフェーダー・マップを備えたデュアルパーパスのスナップショット『SmartSnaps』(120 個のバーチャル・フェーダーをサポート)
  • ボタンの1押しで呼び出せるカスタムなフェーダー・レイアウトのための 6 個のコンソール・スナップショット

寸法

  • フレーム:前端から後端まで 492 mm.エンド・プレート:各 80 mm
  • モジュール:185 × 374 mm
  • 高さ:51 mm(コントロール類を含む)

制御

  • AES67/RAVENNA ストリームのネットワーク化されたルーティング制御
  • IP またはシリアル接続による再生制御用に普及した RAS および Ember+ 制御プロトコルをサポート
  • プログラマブル・ロジック・コア(オンエア・タリー,フェーダー・スタートのコマンド,トークバック統合等用)
  • 接続された LAWO 社製マトリクス用の TCP/IP リモート・コントロール
  • 統合されたミックスマイナス(クリーン・フィード)/カンファレンス・ロジック(2 つの独立したシステム)
  • シリアルおよび TCP/IP を介したラジオ・オートメーション・システムの統合

コンフィギュレーションとメンテナンス

  • 迅速なコンフィギュレーションが行える『EZConfig』ウィザード
  • 高度なシステムおよびロジックのプログラミング用の『Expert Setup』
  • システム診断用内蔵ウェブサーバー
  • ソフトウェアのアップデート専用のソフトウェア・ツール
  • VPN を介するリモート・メンテナンス

 

Power Core

信号処理

  • 96 の入力チャンネル.それぞれが次のものを装備:入力ゲイン,信号のプレゼンス・インジケーター,ダイレクトアウト,インサート,フェーダー,プリ/ポスト切替付き Aux センド,パン/バランス,各マイク入力の AutoGain
  • 3 つのフルパラメトリック・バンドと,シェルフ,ハイパス,ローパスの各フィルターにすることができるセミパラメトリック・バンドを持つイコラザー
  • ゲート,エクスパンダー,コンプレッサー,リミッターからなるダイナミクス・スイート
  • AutoMix や De-Essing の最高 32 インスタンスを任意の入力ソースに適用可能
  • 4 つの個別 AutoMix グループが利用できるので複数の独立ミックスを作成可能
  • 全ソースと全バスは EBU R128 ラウドネス・メータリングを用いてスクリーン上にメーター表示可能
  • 340 ms* までの同期遅延(単位切替付き:メートル,ミリ秒,フレーム)
    *)2018年第一四半期に利用可能
  • Program,Record,Aux,Group,Mix-Minus(clean feed),General Purposeとして構成可能な 80 のサミング・バス。これらのバスにEQとダイナミクスとディレイ機能を持つフル DSP チャンネルを適用できます(最高 16 ステレオ・バスまたは 32 モノ・バス)
  • チャンネルとバスはステレオおよび 5.1 サラウンドのバンドルにグループ化可能

標準音声インターフェイス

  • MADI(各 64 チャンネル入出力)×4,SFP ケージ付き(MADI ポート 1/2 と 3/4 はデュアル・リダンダント・インターフェイスとしてグループ化が可能)
  • AES67 / RAVENNA(各 64 チャンネル入出力)×2(LACP や SMPTE 2022-7 の定義に基づくヒットレス・マージを含む様々なリダンダンシー方法をサポート予定)

オプションの入出力拡張

  • マイク/ライン入力×8
  • モノ・ライン入力×8 / ステレオ・ライン入力×4
  • モノ・ライン出力×8 / ステレオ・ライン出力×4
  • ステレオ AES 入力(SRC 付き)×4 + AES 出力×4
  • マイク/ライン入力×2 + ステレオ・ライン出力×1 + ステレオ・ヘッドフォン出力×2
  • MADI×2(各64 入出力チャンネル),SFP ケージ付き

制御インターフェイス

  • TCP/IP
  • CAN
  • RS422
  • GPIO×8(8 個のオプトカプラ,8 個の静音 CMOS リレー)

同期

  • ワードクロック入力および出力付き内部ジェネレーター
  • MADI,PTP,AES カード入力を介する同期(オプション)
  • 48 kHz / 44.1* kHz
    *)2018年第一四半期に利用可能

マイク+ライン入出力カード

  • 8 チャンネル,電子バランス,DB25 コネクター使用
  • 周波数特性:20 Hz〜20 kHz
  • A/D 変換:24 ビット,Delta-Sigma
  • ダイナミック・レンジ:118 dBA
  • THD+N:0.0006%
  • EIN:-127 dBu @ 150Ω
  • レイテンシー:0.16/0.33 ms @ 96/48 kHz
  • マイク入力用切替式ファンタム電源(P48)

アナログ入力カード

  • 8 チャンネル,電子バランス,DB25 コネクター使用
  • 周波数特性:20 Hz〜20 kHz
  • A/D 変換:24 ビット,Delta-Sigma
  • ダイナミック・レンジ:119 dBA
  • THD+N:≦0.0005%
  • レイテンシー:0.16/0.32 ms @ 96/48 kHz

アナログ出力カード

  • 8 チャンネル,電子バランス,DB25 コネクター使用
  • 周波数特性:20 Hz〜20 kHz,600〜100 kΩ
  • A/D 変換:24 ビット Delta-Sigma
  • ダイナミック・レンジ:119 dBA
  • THD+N:≦0.0005%
  • レイテンシー:0.07/0.15 ms @ 96/48 kHz

AES3 入出力カード

  • ステレオ入力(入力 SRC 付き)×4,ステレオ出力×4,DB25 コネクター使用
  • AES3-2003 準拠
  • 入力サンプル・レート変換:24 ビット,4〜216 kHz の信号を受容
  • ダイナミック・レンジ:125 dB

スタジオ入出力カード

  • マイク入力×2,アナログ出力×2,ステレオ・ヘッドフォン出力×2,DB25 コネクター使用
  • ダイナミック・レンジ:118 dBA
  • THD+N:0.0006%
  • EIN:-127dBu @ 150Ω
  • 24ビット音声標本化解像度
  • マイク入力の切替式ファンタム電源(P48)

Power Core のライセンス・オプション

Category Description Super Audio
Node
Large
Console
Extra Large
Console
音声インターフェイス MADI チャンネル数 64/64×4 64/64×4 64/64×4
AES67/RAVENNA 入出力チャンネル数 128/128 128/128 128/128
AES67 / RAVENNA ストリーム数 64 64 64
AES67/RAVENNA リダンダンシー(SMTPE 2022-7 および LACP)
フィジカルな GPIO のサポート ×
拡張カードの最大数 8 8 8
音声処理 構成可能なソース数 32 96 254
DSP のある並列入力ソース数(EQ+DYN+LIM+LOUDNESS) 16 48 96
AutoMix/DeEsser ユニット数 8 16 32
AutoMix グループ数 1 2 4
バス数(処理なし) 20 40 80
バスの DSP 数(最大 32 バスのEQ+DYN+LIM) 0 16 32
PFL バス数 0 1 5
VCA グループ数 0 0 8
5.1 ミキシングと処理 × ×
MiniMixer ユーティリティ・ツール 64 64 64
パッチ可能なメーター/無音検出(PPM と LOUDNESS) 128 128 256
コントロール・サーフェス フェーダーの最大数(フィジカルまたはバーチャル) 8 24 60
KSC パネルのサポート
VisTool 制御
ネットワーキング GPIO トンネルを介する音声チャンネル数 128 128 128
GPIO ネット・エレメント数 40 40 40
外部マトリクスのリモート・コントロール(KPF / EMBER+ / NTP-DOT)
オートメーション・システムのコントロール・インターフェイス(RAS) ×
Mackie HUI のサポート × ×
Ember+ Provider 1 1 5
Ember+ Consumer 0 4 16
音声信号分配 ルーティング・マトリクス 832×832 832×832 960×930
インターカム・マトリクス ─ クライアント数 16 38 78

 

『VisTool』GUI Builder

screenshot-integral  Screenshot_Proc_FullHD

Specifications

  • 時計,タイマー,メーター等を備えた直感的なグラフィカル・コントロール・サーフェスの情報表示
  • 統合されたタッチスクリーン制御のためのマルチタッチのサポート
  • DSP パラメーター,ラウドネス,信号レベル,入力ステータスのオンスクリーン表示
  • コンソールのスナップショットとユーザー権限管理を用いた個人的スナップショットの制御
  • Ember+ 対応機材のリモート・コントロール
  • ウェブサイトと LAWO『V__line』ビデオ・サムネイルの表示
  • 『Power Core』エンジンへのTCP/IP 制御接続
  • 最小 PC 要件:Intel Core-i5 またはそれ以上(CPUBenchmark にて最小 1350 ポイント @ cpubenchmark.net),2GB RAM,Windows 7 またはそれ以上

 

LAWO 社のその他のラジオ向けコンソール


sapphire
sapphire

Powerful. Configurable.
The ultimate custom machine.

crystal
crystal

Compact. Bulletproof.
Ready for anything.