トップへ戻るhome
OTARI_LOGOLWB_LOGO

LWB サポート情報

お知らせ

Lightwinder Commander V2(現在の最新版である Ver.2.2.0 以前の全バージョン)は Windows 8.1 には対応しておりません(次期バージョンから対応いたします)。Windows をアップデートする場合にはご注意ください。

マニュアル・ダウンロード

最新版マニュアルのダウンロード・ページは【こちら】です。
弊社営業担当者から入手したユーザー ID とパスワードが必要です。

ファームウェア&ソフトウェア・ダウンロード

最新版ファームウェア/アプリケーション・ソフトウェアのダウンロード・ページは【こちら】です。
日本国内[.jp]からのみアクセス可能です。
このアクセスに問題がある場合は、お手数をお掛けして申し訳ありませんが、弊社営業担当者からユーザー ID とパスワードを入手して、上記「マニュアル・ダウンロード」ページに入り、そこに置かれたリンクからアクセスしてください。

Lightwinder Commander のトラブルシューティング

1.インストール時のトラブルシューティング

Lightwinder Commander のインストール中に警告のメッセージやエラーが発生することがあります。以下のように対処してください。

■ PC がスリープした後にインストールしようとした場合に発生することのあるエラー
PC が一度スリープして、それを解除した後に LwcV2 をインストールしようとすると次のようなエラーが出る場合があります。そのようなときは PC を再起動してから、スリープ状態に入らないうちにインストールし直してください。
suppl-1

■ .NET Framework バージョン 3.5 が必要というエラー
LwcV2 をインストールしようとしている PC に .NET Framework 3.5 がインストールされていないと次のようなエラーが表示されます。
suppl-2
LwcV2 のインストール・ディスクには .Net3.5 SP1 のインストーラーも含まれています。このエラーが生じた場合はインストール・ディスクの「dotnet_framework」フォルダーにある dotnetfx35.exe を実行し、続けて、同じく「dotnet_framework」フォルダーにある NDP35SP1-KB958484-x86.exe を実行してから LwcV2 のインストールをやり直してください。

■ .NET Framework 3.5 をインストール出来ないというエラー
Windows XP Service Pack 2 より旧いバージョンに .NET Framework 3.5 Service Pack 1(または .NET Framework 3.5)をインストールすることはできません。また、Windows Installer 3.1(以降のバージョン)が必要です。インストールしようとすると次のようなエラー・ダイアログ・ボックスが表示されますので、メッセージに従って、ご使用の PC のシステムを更新してください。
suppl-3

 

2.起動後に生じる不具合

■ ドングルの LED が点灯しているのにコントロール・モードに移行できない
ドングルの LED が点灯しているのにコントロール・モードに移行できない場合、ファイアウォールまたはアンチウィルス・ソフトが、ドングルの使用するリモート通信ポート TCP/IP port 1947 を阻害している可能性があります。この場合は当該ポートを開放してください。
また、アンチウィルス・ソフトがポートの使用を認めない設定になっているときに LwcV2 のインストールを行うと、インストール中に警告が表示され、ポートの設定をできる場合があります。以下にそのような例(アンチウィルス・ソフトは Norton Internet Security)を示しますので参考としてください。

  1. LwcV2 インストール中に以下の警告が表示されます。
    suppl-4
  2. 「インターネットアクセスを手動で設定」を選択し、次に進む。
  3. 以下の「ルールの追加」ダイアログが表示されたらポート 1947 に TCP と UDP を許可し、次に進む。
    suppl-5
    この設定を終えたあと、LwcV2 のインストールが完了します。

■ オン/オフ・ボタンがオフのとき透明になる(Windows XP の場合)

  1. (「設定」→)「コントロールパネル」→「画面」で「画面のプロパティ」を開く。
  2. 「テーマ」タブを開き、[テーマ]に“(変更済み)”が付加されていた場合(例:Windows XP(変更済み))、[名前を付けて保存]をクリックし、テーマを任意の名前で保存する。
  3. 「デザイン」タブを開き、「ウィンドウとボタン」を“Windows XPスタイル”にして[OK]をクリックする。
  4. 元の画面設定に戻す場合は、「画面のプロパティ」の「テーマ」を開き、[テーマ]を元のもの、あるいは手順 2 で保存したものにして[OK]をクリックする。

■ ボタンの配置やテキストの背景の表示がずれたように表示される
Windows 7 の場合:「コントロール パネル → ディスプレイ → テキストやその他の項目の大きさの変更」において 100% が選択されていることを確認してください。
Windows XP の場合:「コントロールパネル → 画面 → 設定タブ → 詳細設定」で開く「プラグアンドプレイモニタと***のプロパティ」の「全般タブ」の『DPI 設定』が『通常のサイズ』となっていることを確認してください(***の部分は PC によって異なります)。

 

3.「新しいハードウェアの検索ウィザード」が表示されない場合の
  「USB⇔Serial 変換ドライバー」のインストール手順

  1. LWB ユニットの電源を入れて、USB ケーブルで PC と接続する。
    「新しいハードウェアの検索ウィザード」が表示されない(このとき、以下のエラーが表示されることがあります)場合、次へ進んでください。
    sup1
  2. 「マイコンピュータ」の「プロパティ」を開く。
    「マイコンピュータ」を右クリックするとプロパティを含むメニューが表示されます。
    sup2
  3. 「デバイス マネージャー」をクリックして開く。
    「デバイス マネージャー」は開いたままにしておきます。
    sup3
  4. 「デバイス マネージャー」の「ほかのデバイス」の詳細を表示し、「USB ⇔ Serial」を右クリックして、「ドライバー ソフトウェアの更新(P)...」を選択する。
    sup4
  5. 次の画面が表示されるので下側の項目をクリックする。
    sup5
  6. 次の画面でアプリケーション・フォルダー(LwcV2 をインストールしたフォルダー。画面は LwcV2 Ver.2.0.0 をデフォルト設定でインストールした場合)の 1 階層下の ftdi(サブフォルダー名)を参照して[次へ]をクリックする。
    sup6
  7. ドライバー・ソフトウェアのインストールが始まり、次の Windows セキュリティが表示されたら下側をクリックする。
    sup7
  8. USB シリアル変換ドライバー(USB Serial Converter)のインストールが終了し、次の画面が表示されたら[閉じる]をクリックする。
    sup8
  9. 「デバイス マネージャー」の「ほかのデバイス」の詳細を確認すると、今度は「USB Serial Port」という項目が表示されるので、これを右クリックして「ドライバー ソフトウェアの更新(P)...」を選択し、手順 4〜7 と同様に進める。
    sup9
  10. 「USB Serial Port」のインストールが完了し、次の画面が表示されたら[閉じる]をクリックする。
    sup10