カナダのプロデューサー兼作曲家Samuel Laflamme氏のスコアリング・プロジェクトに明瞭さとディテールをもたらすPMCモニター

原文掲載:2018-08-22

pmc-2018-08-22.jpg

カナダのプロデューサー兼作曲家のSamuel Laflamme氏は自家スタジオにPMC『IB2S-A』の1ペアを購入し,この新しいモニターがもたらす明瞭さと音像の奥行きが気に入っているとのことです。

「私はスタジオ施設のパートナーであり『IB1』モニターの1ペアを所持するJames Duhamel氏によってPMCを紹介されました」とSamuel Laflamme氏は語ります。「彼のモニターを聴いて私はPMCを試してみようと決心したのでした。以前,私のモニターは改造したAltec 604で,それが出す中域が大好きでしたが,ディテールに欠けていました。あのスピーカーは私の仕事の作曲部分では素晴らしい働きをしてくれたのですが,プロダクション段階になると,音のイメージにさらなるディテールが必要であり,自分のアイディアが現実世界にどのように解釈されて伝わるかを知りたかったのです」。

Laflamme氏の『IB2S-A』はPMCのカナダ・ディストリビューター「Systemes Guinois」社によって納入され,設置後は耳を疲れさせない特性ゆえに同氏は長いスタジオ・セッションを行えるようになっています。

「私は『IB2S-A』を信頼しています」と同氏は語ります。「そしてこのスピーカーを聴くのはとても楽しいです。電子音のテクスチャーを作る際,何が有効で何か有効でないのかを知るのが,そして音色がどのように融け込むかまた融け込まないかを理解するのが簡単です。すべてが実にクリアです。ローエンドと音像の奥行きが大好きで,それとデジタルの音量のリモート・コントロールも本当に気に入りました。これがあるので私はモニタリング・システムを無くすことができます。というのも『IB2S-A』内のDAコンバーターを信頼していますから。それでPro ToolsからAES/EBUデジタル信号で直接出力しています。これは実に便利です」。

モントリオールを本拠とするLaflamme氏はモントリオール大学でテープ音楽の作曲を学び,これによってアバンギャルドなエレクトロニック・ミュージックに出会いました。在学中に同氏はとあるポストプロダクション施設内の小さなスタジオを借り,すぐにテレビのドキュメンタリー番組のスコアリングを行うという最初の仕事を獲得しました。

「それは飛び抜けて最も心躍るような,そしてやり甲斐のある「学生作品」でした」と同氏。「その後,私のポートフォリオとコンタクト・ウェブは大きく成長し,大学生活の終わりには作曲と制作から生計を得るようになっていました」。 引き続き,同氏は評論家の絶賛するサバイバル・ホラー・ゲーム《Outlast》および《Outlast 2》のための音楽を含めて無数のテレビ番組やドキュメンタリーやビデオ・ゲームや様々なジャンルにわたる広告スポットのスコアリングを行って来ています。

「私はサウンドトラックの大ファンで,1989年に公開された最初の《バットマン》映画は私にとって行動のきっかけでした」とLaflamme氏は説きます。「Danny Elfman[《スパイダーマン》《バットマン》《メン・イン・ブラック》]の作品には本当に感化されました,その後,私はJohn Williams[《スターウォーズ》《E.T.》《シンドラーのリスト》]やJames Horner[《フィールド・オブ・ドリームス》《タイタニック》《アバター》],Hans Zimmer[《ライオン・キング》《パイレーツ・オブ・カリビアン》《ラストサムライ》],James Newton Howard[《プリティ・ウーマン》《ER緊急救命室》《アイ・アム・レジェンド》],Bernard Hermann[《市民ケーン》《サイコ》《タクシードライバー》]といった人々を見出したのです。私はスクリーンへの音楽の影響をいつも本当に気にしています。誰か別の人のプロジェクトを,私の音楽的なビジョンを付け加えることで完成させることは喜びです」。

Laflamme氏はモントリオールのマイルエンド地域にある同氏とDuhamel氏が2015年に建てた2500平方フィートの施設で作業しています。このエリアはビデオ・ゲーム会社や音楽家たちに人気があり,この施設は作曲家や音楽プロデューサーや音声ポストプロダクションにとってホームグラウンドとなっています。

「私の作曲部屋はGrantham Acoustique社のNicolas Grou氏によって設計されたもので,アナログのキーボードや沢山のユーロラック・モジュール,それにMoogと5u Modularを備えています」とLaflamme氏。「私の仕事の作品の大半はProToolsのIn the Boxツールを使っていますが,素晴らしいShadow Hills Mastering CompressorやInward Connections DEQ-1のようなマスタリング機材も楽しみのためにいくつか持っています」。

Samuel Laflamme氏は現在カナダのテレビ番組2本にPMCシステムを使っており,《Outlast》サウンドトラックのオーケストラ生演奏用の10分の「コンポーザー」カットの作業もしています。

「今年私たちは《Outlast》の5周年を祝い,元々の指揮者Dina Gilbert氏がこの曲をシンフォニックなフルオーケストラで演奏することになっています」と同氏。

【ニュース一覧ページに戻る】


pmc_logo_blk.gifプロフェッショナル製品 日本総代理店 otaritec_logo+kabu_bw.gif

 

pmc-speakers.com
www.otaritec.co.jp

Original English Contents Copyright © PMC | Japanese Contents Copyright © OTARITEC Corp. | All rights reserved.