オランダの制作会社「Capital of Media」,PMC『MB2S』モニターを設置

原文掲載:2018-09-03

pmc-2018-09-03.jpg

オランダのラジオ・イメージング会社「Capital of Media」がスタジオ2つを擁するヒルフェルスム近郊の新しい建物に移転する際,新しい部屋用のモニターに関する選択肢は1つしかありませんでした。PMCです。

「素晴らしい,そして正直なサウンドを出しますのでPMCモニターには約10年前から惚れ込んでいました」と同社オーナーのAnthony Timmers氏は語ります。「当時,私たちのスタジオはずっと小さく,私たちはPMC『DB1S』スピーカーを持っていました。というのもそれがその部屋のサイズに合っていたからです。しかし,新しい建物に移転するにあたり「Pinna Acoustics」さんに大きなメイン・スタジオと共にボーカル・ブースと小さめの第2スタジオの設計施工も依頼したのでした。古い『DB1S』システムはこの小さい方の部屋にちょうど良かったのですが,メインのスタジオ用により大きなモニターが必要でしたので,PMCのベネルクス地域ディストリビューター「Joystick」社のJules FransenとRaf Lenssensの両氏と共に,私たちはPMCのいくつかのモデルを使ってリスニング・セッションを数回行いました。結果は断固たるもので,PMC『MB2S』が私たちにとって最適のモニターでした」。

Capital of Mediaの作曲家やエンジニアたちはIn the Boxを使って仕事をする傾向があるので,同社スタジオはPro Tools HDとLogic Pro,そしてプラグインの広範なセレクションを備えています。モニタリングと音量制御にCrane Song Avocet IIAが使われており,マイクロフォン・プリアンプ/コンプレッサーとしてFocusriteのLiquid Channelも1台あります。新しいボーカル・ブースを使う声優や歌手たちはPowerplay16 P16-Mミキサーにアクセス可能ですので着けているヘッドフォン上で自分用のミックスを作ることができます。

「私たちは制作過程全体にわたってPMCを使っています」とTimmers氏。「このスピーカーが与えてくれるものは本物です。あらゆることを聴けますのでミキシングは迅速かつ容易です。このことは回転の速度が重要な私たちのビジネスには不可欠です。このPMCスピーカーによって私たちはクライアントさんたちに正しい判断を示すことができます──本当に素晴らしいスピーカーです。新しいスピーカーを考えている人にはPMCを試してみるように言いたいですね。自分だけではなくてクライアントさんも感銘を受けるはずですから」。

Timmers氏は自身で「最大限に助かる」と言うJoystick社から受けたサービスにも満足していると言葉を添えます。「新しいスタジオを作ったり更新するためにチームを持ちたいのであれば,その会社はJoystickさんですね」と同氏。「彼らはテカテカしたスーツを着ていませんし,外に高級車を駐めていませんが,私たちとまったく同じような感じなのです──自分たちが話していることを正確に分かっているオーディオ・マニアであり,機材についての正しい判断を求めてやって来る顧客を助けるのが得意です」。

今はネイケルクに本拠を置くCapital of Media社はラジオ・イメージング・サービス向け市場にあるギャップに気付いたTimmers氏によって2001年に設立されました。「私はオランダのNo.1ヒット・ラジオ局「Radio 538」でイメージング・ディレクターとして働いていました」と氏は説きます。「私が行った仕事ゆえに,世間から自分たちの会社用のオーディオも作るように依頼を受けるようになりました。余計な収入を少しもたらしてくれる副業として始まったことが結果的にはCapital of Mediaになったのです。今日では私たちは世界中の大手のラジオ/テレビ会社さん向けの仕事をしており,6人からなるチームを雇っていますが,これは私が大いに誇りとするものです」。

ラジオ・イメージングの仕事には番組を1つに繋げるオーディオを制作することが含まれます。ラジオやテレビのクライアントたちは一連のスタイルやジャンルにわたるジングルやリーダー向けのオリジナル音楽の作成をCapital of Mediaに頼っています。最近のプロジェクトにはThe CarpentersとMichael McDonaldのサウンドをフィーチャーしたオランダ公共放送NPO「Radio 5」向け「クラシック」パックを制作することがあります。キュラソー[オランダ領アンティルの人気リゾート地]の「Paradise FM」向けのまた別のプロジェクトでは現代のポップ・ミュージックに則した最新鋭のコンテンポラリーなサウンドを活用しています。

「私たちはオランダの主要テレビ局の1つ「SBS6」さん向けに,特別な夏用ジングルの陽光に溢れるようなミュージック・トラックやクリスマス用アイデント[独自のチャンネル識別音]といった季節的なプロジェクトにも取り組んでいます」とTimmers氏は付け加えます。

【ニュース一覧ページに戻る】


pmc_logo_blk.gifプロフェッショナル製品 日本総代理店 otaritec_logo+kabu_bw.gif

 

pmc-speakers.com
www.otaritec.co.jp

Original English Contents Copyright © PMC | Japanese Contents Copyright © OTARITEC Corp. | All rights reserved.